Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
51kh5dan7xl

血液、臓器から、胎児、遺伝子、はては新種生物やクローン生物までもが効率的に生産され、市場で売買される時代。その萌芽はすでに半世紀前から始まっていた……。人... 続き

コメント

「生命に部分はない」
大いに納得できるタイトルだと思う

前半は人間部品産業の現状、問題点をこれでもかというほどたっぷり
後半
効率主義、機械論を選択するようになった歴史的経緯から、私たちが生命を機械とみなすようになった理由を知る
最終章では
解決策として、効率主義を超える共感の原則、それに基づいた具体的な指針、施策も提示している

「私たちの生命観自体が、生命を機械とみなすようになったから」

認識を変える必要がある

読者

1887da38 3934 4a69 9419 3975f33c0161Bde17c81 c70d 4ccb 903b c4afd6d4b6c3Icon user placeholder3bd02b6c e34f 4db6 bba4 6b77853233deIcon user placeholder978030b8 5d27 45ce a8ec ef18a8f163c2 6人