Btn appstore Btn googleplay
51yq133vv7l

甲虫の羽音とチョウの舞う、花咲く野原へ出かけよう。生物たちが独自の知覚と行動でつくりだす"環世界"の多様さ。この本は動物の感覚から知覚へ、行動への作用を探... 続き

コメント

大人の科学絵本。「青い」という感じが青さになる(中略)われわれは青いという知覚標識で空を認識するのである。

その他のコメント

異なる感覚を持つ生き物それぞれにとっての世界の見え方について。きっと同じようなことは、多少なりとも「あなた」と「わたし」の間にも。

朝、小鳥とは言えないサイズの小鳥が、2つの電柱間を繰り返し、行ったり来たりしてるのをぼーと眺めてた。
何してるのかなと。

そんなことから、何となくもう一回読んでみた。

あはは、小鳥は「電柱間」を行ったり来たりしてるんじゃなかったな。

環境問題って、だれにとっての環世界問題なんだろうなあ。

読者

Icon user placeholder3352e393 e151 4ae6 8b58 38db74f6d1a122c9f424 435a 479b 99e8 8f66ce6199530970f3da 8bc1 4a63 b77a adf191cda81aA2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e1ef961b3 81f0 49f8 9519 151b6992948aAd7604a1 3d64 4e68 965f 3eb906966f0b48a3e230 1d06 4721 ab61 580bf9afe117 19人

文庫

六番目の小夜子

六番目の小夜子

64e50687 d69c 4a16 9e02 a2dc2e49048a

HSSISOLATED

人生で何度目かの読書熱

思春期心性に潜む悪意。 この物語を読み始め、どうやら自分は学園モノは好かないらしいと思った。 思春期心性に潜む、恐ろしい悪意の存在。 思春期にあるヒトは恐るべき悪意と尊敬すべき崇高さを持っている。 そして、この物語もまた、そんな思春期心性の物語である。 この物語についてほとんど言うべき言葉は見つからない。 ただ、思春期心性に潜む恐るべき、そして愛し、無条件に受容し肯定すべき悪意の物語であるのはきっと間違いないだろうし、その悪意に魅入られたままの大人がいるのも、これは理解できなくはない。

約4時間前

A1afb250 48b2 4331 ba03 1e6d780cc692E7426315 6440 49a3 ba01 01595b29e3928so09 1g normal 94
デザインのめざめ

デザインのめざめ

59fe6ba2 c1bc 49c0 95dc d3b31d41afb6

Akita inu

国士無双 jin-no

本を読んで週末ちょこっと片付けて、本をまとめてた過去。 娘にブログをかいてと言いたいけど、時間もないし写真のデータも、、アナログの世代において、今のところなんとなく難しそう。 毎年恒例のひのきアロマの本を読んで。また出会う。20060102

約20時間前

6c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c915807308 83f2 4ab3 aaf8 9c984727f5deE9fb4a96 face 4612 bd8a c6bfdc207400 10