9784151837517

教え子の殺害は本当に熊によるものなのか?生物情報学者のクレイは偽装を見破り、背後にいる恐るべき殺人鬼の存在に迫るが……。 続き

コメント

生物学者がその生物知識を駆使して犯人を追い詰める!って、イメージ通りかどうかは人によって分かれるところかな。でも、こんな展開なのかという良い驚きがあり、面白かったです!

読者

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2cAkiaivjyeuyp25rambwa

文芸

雪が白いとき、かつそのときに限り

雪が白いとき、かつそのときに限り

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

雪に閉ざされた密室の中で死んでいた一人の少女。 5年後、生徒会長の馮露葵は、友人の顧千千共に事件の謎を解くべく動き出す。青春の蹉跌と絶望を描いた佳品。 中国人作家による本格系学園青春ミステリ。学園ものなので、固有名詞置き換えたら、日本の話としても違和感なく読めそう。 書店でなかなか探してもないなと思ったら、ポケットミステリレーベルから出てた。縦長の判型、黄色い小口が青主体のカバー絵とマッチしてなかなか良い感じ。絵師ガチャにも成功していて、これは欲しくなる装丁だと思う。 これからの季節に読みたい一作。 姚漱寒の静かな諦観が心に染みる。人生最高の時を過ぎても人生は続いていくと言う事。彼女の昔の話を読みたくなる。

約2時間前

AM/PM

AM/PM

B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5

なかむう

小説が好き。

新しい。続いているような独立した話のような。1つ1つが短いので、寝る前にちまちま読んだ。AM21が好き。106PMも気になる。

2日前

Icon user placeholderD5f29d4b 22fd 4ed4 b64d 631bfe60b2fc77d0db05 0cfb 4d3f ae0d a2dd0c2182a4 13
私が語りはじめた彼は

私が語りはじめた彼は

Bb45dc8a 9f14 44d7 8234 a9f64ec199d6

みつちや

推理研究会入会を機に、読書魂再燃…

〈舟を編む〉がよかったので2冊目に選びましたが ひとつも面白くなかった どこも共感できないし 理解できない 薄っぺらい感情論を読んでるようです 一篇目で嫌気が差し、最終編に同じ登場人物の名前を見てオチがあるのかと頑張って読みましたが、更にモヤモヤするだけ 感情が古いから ん、昭和設定かと思いきや 携帯電話が出てくるから違う 狙いが分からないです お好きな方には申し訳ないけど 私はお勧めしません

2日前

865cffbd 731a 4678 951e b461b4405005B0a667f6 1b79 43a9 8ca8 a6872aa208a59d62825c 1436 4b41 918f 3b5e6affb185 9
おばあさん

おばあさん

0023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7c

小説/デザイン/美術書/漫画 コ…

0158 2019/11/12読了 現代の感覚だと69歳はまだまだお元気そうな感じがあるがこの時代だとすっかりおばあさんなんだなあ。 明治のハイカラな感覚と堅いところを合わせ持つおばあさんで、子供や孫たちの面倒をみている。悩みが次から次へと沸いてきて大変。おばあさんの手にかかればまあるく収まるのはさすがだなあ。与太者を退治するところがすき。 読んでて楽しかった。

2日前

Icon user placeholder6f40c558 2efe 4d43 b658 ffbf72a47bd7