41dadzbnell

あくまで私小説に徹し、自己の真実を徹底して表現し、事実の奥底にある非現実の世界にまで探索を深め、人間の内面・外界の全域を含み込む、新境地を拓いた、"私"の... 続き

コメント

人生の一冊。とてつもなくぶっ飛んでいて、かつちゃんと面白い、ということにおいてこの2篇を超える作品はそう無いと思います。

その他のコメント

アフォーダンスの佐々木正人先生の書評で教わった本、ぐい呑と茶碗が語り合う「リアリズム小説」!? 以来、藤枝小説、愛読してます。次は「異床同夢」が文庫になるといいな。

読者

1f00d153 09b9 4aef ae95 b3ca6aaf28b5A6b0ef35 9a46 455b b852 42e12b1a3197F655b58e fbdf 4e26 bd51 b500c481acdbF37a7b3a 68ca 4679 820d be410780daf91cee6f88 604b 4615 a254 0ba7ea68165d 5人

藤枝静男の本