41xbvc5kbal

てんぷら屋に行くときは腹をすかして行って、親の敵にでも会ったように揚げるそばからかぶりつくようにして食べなきゃ…。勘定、人事、組織、ネクタイ、日記、贈り物... 続き

コメント

男が男として生きていくだけでなく、人間として身につけておいた方が良い所作に溢れた本。

かわいい女の人はいくらでもいるのに、かっこいい男の人が少ないのはなぜ?
「かっこいい」はなかなか奥の深い概念なんじゃないかと思う。

てんぷら屋に行くときは腹をすかして行って、親の敵にでも会ったように揚げるそばからかぶりつくようにして食べなきゃ(P83)

昭和の時代の本だけど、今読んでも全く古さを感じなかった。根本的な考え方ってあんまり変わってないんですね。

寿司屋でトロばかり頼んでいた自分が恥ずかしい、、

久しぶりに読み直したい。

ちょっと背筋が伸びました。「ちゃんとした一流の店で出すビ ールのコップは小さくて細いでしょう 、だいたい 。小さいコップでシュ ーッとなっている 、あれはビ ールの本当の飲みかたを考えているから小さいわけですよ 。」本書ヨリ。

かっこつけず素直に生きるのがかっこいいと思った。たまには死ぬことを考えて、より良く生きることを心がけようと思う。

女性が読めば、男性を見抜くヒントが得られますね。

・男の顔をいい顔に変えて行くということが男をみがくこと。
・何の利害関係もない第三者の目に映った自分を見て、自分自身ではわからないことを教えられる。
・人間はじぶんのことはわからないもの。他人が言ってくれたことは素直に聞かないといけない。

2016.02.27
いろんなところで勧められてる池波正太郎のエッセイ。

こだわりを持ってる男は面白い。

刺身の食べ方、天ぷらの食べ方など、ウンチクではない「作法」に納得。

昭和の男のエスプリ!

読者

43a8ebab 3fdc 430e a11a d82d8e82047aC85cacc0 63d2 44b0 bb5f 963d98466da9607f0293 fba4 48b0 acf6 8fcb53b0e0f4A2af94b8 ff89 44c4 b925 8b2186d8132aB41b33b8 28c9 4946 b469 67104d6f5bf45e5e0fc7 226c 4396 bbb1 15ddb839fa14A166054c b63b 4eaf 8a37 0ced1c8fb7e0D664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3c 40人

池波正太郎の本

アンソロジー カレーライス!!

アンソロジー カレーライス!!

2970514d f58b 4b33 988c faad88c878d6

blue_moon

読書好きです

御節にもそろそろ飽きてきて、ああ、カレーライスが食べたいな、と思いながら、ふと手にとった本。 中の紙までカレー色で、33人の方の書いた、いずれもカレーにまつわるエッセイは、トータルで、まるで沢山のスパイスを使うカレーのようなハーモニー、美味しく頂きました。

約2年前

79bbae40 97d3 4bd1 bf5a d49a9239856491cbbfc4 a786 45db a9f5 86da0ccccffbBcef4f07 681e 45ad b000 bac28e968508