5191jpxaoel

母の死の翌日海水浴に行き、女と関係を結び、映画をみて笑いころげ、友人の女出入りに関係して人を殺害し、動機について「太陽のせい」と答える。判決は死刑であった... 続き

コメント

よくわからないけど透き通っていてすっきりした、

その他のコメント

一番好きな本だ。読んだ後手に乗った本の軽さにため息がでる。けして分厚い本ではない。それほど無駄がなく端的で重たい。圧巻‼️

このムルソーという主人公に比べたら、世の人はどんなに沢山の嘘を吐いて生きていることだろう。
言葉はいつも矛盾や嘘を孕んでいるし、そもそも人間の思考は不可解で当人すらその全てを理解しているとは言い難い。
その時の状況や感情を、後で他人に理解しやすいよう説明するとなると、必ずそこには合理化のための嘘や誇張が混じってしまう。特に裁判という場では、誰もが護身のために当たり前に嘘を吐いている。
それが自然であるあまり、自分自身に嘘を吐いていることすら気付けない人間だっている。だから逆に、これほどまでに正直な人間のことを、言葉だけで理解するのは難しくなってしまう。
ムルソーには、隣人に対する哀れみや、友人の厄介ごとに付き合う優しさや、恋人を想う気持ちだってある。それでも、彼は正直過ぎて曖昧な言葉を一切使うことができないため、恋人にも愛していると言うことすらできないのだ。だから神様という一番曖昧なくせに権威のある単語を肯定することもできるはずがない。
この性格が災いし、その上母親の葬式での出来事を悪い方向に受け取られ、大きな誤解を受けたまま、この男は死刑になる。
そして、死刑すらもムルソーは当然の事として受け入れてしまう。その姿勢はある意味、殉教者に近く、それが神という存在を拒絶した人間であるというのが何とも皮肉だ。

多くの人に誤解されているが、この小説が不条理と言われるのは「太陽が眩しくて人を殺した」からではない。そこを勘違いしている人はきちんと読み直した方がいいと思う。

読者

F4444dcf 0d4d 4c87 bdaa 22a988078345Cd8b17e5 d216 41cc 91e3 e0bd54c1bf9689ed2dbb 0adc 4fdc b339 c09e20408f7426e6a9ac 97ca 4a1b 972d 8dd5b57e9014Daa0a7b8 9d45 400b 953e c54a388ba6590af20764 2cae 4a3b b386 30cc150cb6c55e8ad747 0dcc 4283 86d7 44328891f5b70970f3da 8bc1 4a63 b77a adf191cda81a 94人

カミュの本

転落・追放と王国

転落・追放と王国

B28d8472 e447 4a77 ba3d b9897eb56eca

あなご

教育と心理の仕事。1987生

中村文則が課題図書として挙げていたので読んだ。『転落』は、こんなこと書かなくても…という読み難い告白小説。『追放と王国』は短編集、「不貞者」と「ヨナ」が気に入った。特に「ヨナ」は売れるほどに世間から注目され多忙を極め作品を産む時間がなくなり破滅する芸術家の姿が描かれており、強く惹きつけられぐいぐい読んだ。

2年前

幸福な死

幸福な死

A52704c1 a9b7 4d1a a0b2 5588f7def6a8

0

名言がたくさん。 「お金を持つということは、 その人をお金から解放すること」 「幸福には様々な条件がある、と 思い込むことが間違い」 「大切なことは幸福への意思であり、 いつも現存している或る種の巨大な意識」 「長い間幸せでいることはできない。 一瞬、それがすべて」 「それだから死が何かの妨げになることはない」

約3年前

693f3def c09b 44c5 a99c cc17f46010044b01ad38 63a6 41b5 bf13 9f73e04537aa9d58de1b b527 49fe 9838 e24d6f5ecdbf