51znjxcwvwl

京都の移ろう四季を背景に、若き画家の才能をめぐる人々の「業」を描いた著者新境地のアート小説にして衝撃作。待望の文庫化! 続き

コメント

京都で妊娠生活を送る女性の話として
興味を持って読み進めたけれど、すごく面白かった。
京都の豊かな四季を味わいながら、のんびり読んでいたつもりが、後半話の展開が面白すぎて、あっという間に読んでしまった。
ちょっとしたミステリーみたいな、様々な人間関係が入り組んで、ドキドキハラハラ、え、そんな?!みたいな。
こういうジャンルあまり読んでこなかったなぁ。
原田マハさんの作品2作目だけど、いつも読みやすく、どんどん読み進めたくなる感じすごい。

読者

Icon user placeholderF7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cacDf294017 d183 436e 8e14 12aa00edcccbIcon user placeholder66feff89 7503 4093 b855 5506bddb18689d876457 db08 4f8a b28f b40e68686d52C03ba3cc a965 4760 9953 8a0907da112b3541e3c1 5be5 4209 a6da 469862481d50 17人

原田マハの本

フーテンのマハ

フーテンのマハ

D664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3c

ハイパラ

週に1冊、年間で50冊くらいは読…

やっぱり旅は良いのだ!私も初めて見た映画は「男はつらいよ」でした。みんなどこかでフーテンが好きなのだ。こういうマハさんも良いですね。

8日前

Icon user placeholder8f57cf26 368c 4173 9191 93cfda77cc8b9d62825c 1436 4b41 918f 3b5e6affb185
スイート・ホーム

スイート・ホーム

B8836f8e 8779 47c5 bc73 eeba65ece6ee

モコ

ネットよりも、活字が大好きです。

話しの展開が、想像つくのだけど読み切って、あーよかったなぁと、こころに栄養を貰えた作品でした。

3か月前

434059f2 8e14 4a7f 8241 449baa9e3a90648cbff4 c642 4e0c 959e 1ea1f6aba07b1c81c53e fffc 4e52 a0ac aad944d8e01d 14
星がひとつほしいとの祈り

星がひとつほしいとの祈り

454e4e42 58da 45f3 b6c9 30eff85efb90

march

読んだ本の記録。

ワクワク、ドキドキ、ハラハラ、といった感情が前面に溢れた1冊ではないけれど、だからこそ身近に感じた。田舎に帰った時みたいな気持ちになる。またこの本に戻ってきたいと思う。

3か月前

47b1a636 c8e3 413e b60b b500b8e3f043Cfc58a72 6cff 473c 8bf1 a01fe04cc01b434059f2 8e14 4a7f 8241 449baa9e3a90 23
いちまいの絵 生きているうちに見るべき名画

いちまいの絵 生きているうちに見るべき名画

89e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e

半井志央/Shio Nakarai

ずっとずっと本を読みたい @s…

この本で紹介されている絵のいくつかを、美術館で見たことがある。その時にこれらのストーリーや背景を知っていたかった、と強く思った。あぁ勿体無い。 10代の頃では、100年、200年という時間はあまりにも遠い昔のことだったけれど、歳をとってみると彼らが生きていた時代と今とに、それほど大きな隔たりはないように思えてくる。身近に感じることが出来る。 今だから彼らの作品をもう一度見て違うことを感じられるかもしれない。 美術館に行きたい。 描かれた絵と、その背景にある画家自身や歴史と向き合いながら、ゆっくり時間を過ごしてみたい。

4か月前

E2b8cdc3 67d8 477a 9028 de9fac56ab6747b1a636 c8e3 413e b60b b500b8e3f04366feff89 7503 4093 b855 5506bddb1868 9