51znjxcwvwl

京都の移ろう四季を背景に、若き画家の才能をめぐる人々の「業」を描いた著者新境地のアート小説にして衝撃作。待望の文庫化! 続き

コメント

京都に住む、京都生まれではない者を指す、異邦人(入り人)という言葉。他所者を受け入れず、排他主義を貫くことで長い歴史を守り抜いてきた京都ならではの言葉。
入り人目線で描かれる古都の風物、四季の移ろい、複雑な人間関係、美術ビジネスならではの熾烈な駆け引きを含むストーリーは、京都の街がいかに魅惑的なのかを教えてくれます。
でも正直なところ私は、地方出身の大学生らのお気楽な京都生活を描く森見登美彦作品の方が好きです。(笑)

その他のコメント

京都で妊娠生活を送る女性の話として
興味を持って読み進めたけれど、すごく面白かった。
京都の豊かな四季を味わいながら、のんびり読んでいたつもりが、後半話の展開が面白すぎて、あっという間に読んでしまった。
ちょっとしたミステリーみたいな、様々な人間関係が入り組んで、ドキドキハラハラ、え、そんな?!みたいな。
こういうジャンルあまり読んでこなかったなぁ。
原田マハさんの作品2作目だけど、いつも読みやすく、どんどん読み進めたくなる感じすごい。

読者

Ddf01909 15e6 4b9a 97a7 21e23fc58f1e4dc74e3a 3706 4fb7 95b6 ae9b08fc50c3Icon user placeholder5e202d0e e477 41e5 8418 bbf415032d38D4f645e4 009c 4f5c 8e85 b59f721be82a45122d4d 760d 4ee8 8f3b 9f2de9a84a6c37f87149 0949 4d97 bf15 b717e012bddbF418b61f 70ad 4abf a1fc a3172452e037 25人

原田マハの本

ロマンシエ

ロマンシエ

015dce07 cf3e 4648 a2ea 9129980e6554

まいさん

頭でっかちにならないように、ゆっ…

マハさん史上最もチャーミングな男の子が主役! 大好きなアート、そして大好きな人にまっすぐに向き合うその姿はとってもピュアで魅力的だったなぁ〜。 マハさんの作品の素晴らしいところは、アートの素晴らしさと魅力を、すごくわかりやすく丁寧に描いているところ。 アートに興味がある人も、そうでない人もきっと楽しめるはず。とっても大好きな作家さんです。

17日前

687209d1 a652 4449 946e 049464bfe939Cb292262 5d04 49b0 a83b 2c35d1bc843bD664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3c 15
一分間だけ

一分間だけ

6cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218c

Pinoco

2015/6末

原田マハ好きだけど、 この本の主人公は最低で本当に読んでいて嫌だった。 こんな人に動物を飼う資格ないよ。 2016

3か月前

285d61d6 b4e4 46ea 8b3d 21ad309a449029c4ab89 1b08 483a a507 6f2ca5fd4abc2d5edc6f 5ff8 4b10 923e f58e258d3311