41rfnwzrgal

「ある日、自分の顔が旦那の顔とそっくりになっていることに気が付いた。」――結婚4年の専業主婦を主人公に、他人同士が一つになる「夫婦」という形式の魔力と違和... 続き

コメント

読んでる間、背中がゾワゾワした。蛇ボール、土と根、水盆の石。読み応えあったなあ…。一回読んだだけで充分理解できた気がしない。

その他のコメント

ドラクエビルダーズに夢中で読書がおろそかになっていました。いかんいかん。

芥川賞受賞作。ラストは安部公房っぽい展開。
「世にも奇妙な物語」の、ちょっと怖い話枠にぴったりな作品やな〜という印象です。
僕はあんまり面白いと思わなかったけど、この人戯曲も書いてるらしく文章が恐ろしく読みやすい。文章のテンポ感は気に入った!
他の作品やったら好きなやつ見つかるかも、という事でちょっくら探ってみようと思います。

芥川賞をとったということで、気になって読んでみました。なんだかとても不思議な世界でした。夫婦の顔が似てくる、それも雰囲気とかではなく、顔そのものが。とでも奇妙な話でしたが、終始やんわりとした優しい雰囲気が漂っていて、読んでいてとても心地よかったです。

読者

Icon user placeholderB63b7a21 ea34 4e7e 87ce 03a9e96bb84986bb4c80 c4e1 4adf 8c6c 8c3d92897572F43ccd27 5c18 4219 9719 a64bb0dc0f4d4d05909f 8525 4932 9825 728a0e387132Icon user placeholderBa0fc44e 8c89 4d42 aa75 e3c264fe62f3C9416021 ddcd 4549 a615 2e95cc0f62ac 63人

新刊

新聞記者

新聞記者

Icon user placeholder

s.aoki

「権力者が隠したい事実」を明らかにすることをブレずに貫いている記者・望月衣塑子さん。 どの媒体かでなく、どれだけ熱量を持っているかで情報を得られるかどうかが決まるという言葉がとても印象的だった。ブレない軸を持っている人は強いと感じる。このような記者に自分もなりたい。

42分前

409f696e 0db8 40b8 8ec9 aa84d6c4939b1c81c53e fffc 4e52 a0ac aad944d8e01d1ff469e5 e07e 4a1e 93b1 ff88382adc5f 8
宗教改革の物語 近代、民族、国家の起源

宗教改革の物語 近代、民族、国家の起源

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

Toru Omae

欧米ミステリを中心に読んでいます…

是非はともかく現在の世界が欧米中心に成り立ってきたことは間違いなく、欧米はキリスト教社会であってその歴史の中で宗教改革は非常に大きな役割を果たしたと思うのだけど実はちゃんと理解できていないなと思ったので。7年もキリスト教系の学校に通っていたのにお恥ずかしい話ではあるけども…。というわけでタイトルとこの作者であればわかりやすいであろうという期待のもと。どちらかというと宗教改革に伴う欧州の歴史みたいなものに興味があったのですが本作は思想面での宗教改革の起こりについて、が主な内容。一般的に宗教改革はルターが始めたもの、という認識だと思うがルターより百年ほど前にチェコにおいて宗教改革のはしりのような論を唱えて最後は刑死したチェコのヤン・フスと思想上の彼の師に当たるイングランドのウィリクリフが説いた内容を元に筆者が考察を展開しているのだが…聖書はともかく両聖職者の引用がもってまわった表現が多く難解で手間取った。途中で筆者の要約だけ読めばよいのだと気がついたのだが…。世界史を選択していなかった(そもそも日本史と世界史って分ける必要があるのだろうか)ので宗教改革については「カトリックが腐敗しておりその状態を改めようとルターが声をあげて」という説明が印象にのこっているのだども言われてみると当時の欧州においては世俗の権力も握っていたカトリックの力は絶大で教皇は文字通り「神の代理人」だったわけでその誤りを指摘しようなどとは誰も思わなかっただろうしそう簡単にひとりの人間がはじめられることでもなかっただろう。今更ながらキリスト教とはいかなる宗教であるのか少し理解が進んだと思う。手こずったけども興味深く面白い内容だった。

約11時間前