413hfptpdfl

パーム、プラダ、ペプシ、アップル、P&G…多くの一流企業をクライアントに持ち、子供用歯ブラシからコンピュータ、鉄道車両にいたるまで、機能的で遊び心に満ちた... 続き

コメント

デザイン思考で有名なIDEO社の歴史、文化、人材、デザイン思考の適用プロセスについて。詳細事例がこれでもかというほどに書かれているので、総体としての理解に役立つ。

発刊当初に手にしてから、年に一度は読み返すマイバイブル。

学生の頃に読み、デザインとビジネスはほぼ同義というか、同価というか、どちらもとてつもなくクリエイティブなんだと腑に落ちた。

つまりはどちらも、リアリティにともなうサスティナビリティが必須なんだなあ、ということ。

事例たっぷり。新しい価値を生み出す方法論やマインドや

デザイン思考を理解するにはうってつけの本

IDEO知らなかったから衝撃受けた。まじであのお買い物カート必要ない機能つけすぎててびびる。賞賛されたみたいだけどほんとにちゃんと観察したのか?
スーパーで毎日お買い物するオレが断言する。あんなカートいらん。

2002年の著作であり当時AppleはまだiPhoneをつくっていなかった。
そんな時代ではあるけれど、本書著者の兄でIDEO創立者のDavid Kelleyが提唱しスマートフォン以後のビジネスにおいて重要視され続けている「デザイン思考」のベースとして全然ブレてない考えが記されており、この発想を例えばiPhoneのようなイノベーションの開発について当てはめて分析してもスムーズに紐解ける感のある普遍性と色褪せなさ。
観察分析発案試作検証っていうのは人間にとって有効でなかなか本質的なフレームワークなんだろうなと思いました。朝からIggy PopのROW POWER爆音を流しても怒られないような温室環境を作って、ホットなチームで仕事したい。

読者

30456fe3 63cb 4532 bad0 7a7ff760b0996ae11522 e533 42d8 ac00 aa4d14f38ef858f25349 c1a7 48f5 9a17 624b445abf4a8fe9c0bf 1fa7 40bd 831f f37f992766de90620099 d25f 4e43 b3c1 c739c1fe871685b0508e bc7d 47ed a968 8716313bbc4b4066852c d046 4e07 ae0a 8af4698cd70d2d0bcb9a 404d 4bfd 80e1 c0018c7fc7ff 12人