51yni76e4fl

8歳で発達障害と診断された僕が、なぜ自分の才能を生かす場所をみつけて輝けるようになったのか。同じ障害がありながら、いつも僕を信じて導いてくれた母。そしてア... 続き

コメント

発達障害当事者の本としても理解しやすいタイプの本であり、何より母・栗原泉さんのサポート体制がとても勉強になった。また、又吉さんファンとしても最後の二人のトークは読んでて楽しかった。梅佳代が写真担当なのも良い。

周りの理解とサポートの大切さ、本人の自覚と努力、輝きの理由がわかります。

読者

Icon user placeholder6d6dc50a 273d 4f97 8467 a0e6df9c3362E8727533 d28b 4d64 a5f4 724edc2a6f3cC03ef9d4 7c11 4ac3 b659 478307dc303bIcon user placeholderA7c28a86 8f38 4505 a5b1 0290d15f3b57C4488e75 bce2 4e69 8e73 c9c66b6bf26cB28d8472 e447 4a77 ba3d b9897eb56eca 10人

文学

マトリョーシカ・ブラッド

マトリョーシカ・ブラッド

Eb55cb01 7a1e 4d08 af64 451a7415e66a

(ㆀ˘・з・˘)

(c" ತ,_ತ)

読み終えた後、絶句である。 前半から中盤までは、謎解きに夢中になれる読んでいて楽しい警察小説だと感じていた。 夢中で読んでいるうちに後半に差し掛かる。 そこからがエグい。 誰が誰を愛し、誰が誰を騙し、嘘に嘘を重ね… ラストシーンを読んで、コレは必ず映画化されるな…と、思った。

約21時間前

検察側の罪人

検察側の罪人

C00a5b6d 82b6 4a25 8807 f4e4043cb59e

KEITA

すていふーりっしゅ

映画で知った。正義とは何かを考えさせられる作品。一人でも多くの人に見て欲しいと思う。

1日前

Bf0c5949 b450 4f44 8dd8 6236a7a65f26A889990f 3313 414b a1b1 617c76c38922Ee0f4619 0f4b 4035 96aa 44537c5295d5
女が死んでいる

女が死んでいる

B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5

なかむう

小説が好き。

短編集。普段、貫井さんの重いイヤミスをが好きな人は物足りないかも知れないが、ちゃんとどんでん返しはあるので楽しめた。軽く読みたい時には良い。

1日前