51yni76e4fl

8歳で発達障害と診断された僕が、なぜ自分の才能を生かす場所をみつけて輝けるようになったのか。同じ障害がありながら、いつも僕を信じて導いてくれた母。そしてア... 続き

コメント

発達障害当事者の本としても理解しやすいタイプの本であり、何より母・栗原泉さんのサポート体制がとても勉強になった。また、又吉さんファンとしても最後の二人のトークは読んでて楽しかった。梅佳代が写真担当なのも良い。

周りの理解とサポートの大切さ、本人の自覚と努力、輝きの理由がわかります。

読者

6d6dc50a 273d 4f97 8467 a0e6df9c3362E8727533 d28b 4d64 a5f4 724edc2a6f3cC03ef9d4 7c11 4ac3 b659 478307dc303bIcon user placeholderA7c28a86 8f38 4505 a5b1 0290d15f3b57C4488e75 bce2 4e69 8e73 c9c66b6bf26cB28d8472 e447 4a77 ba3d b9897eb56eca2a83b852 93a3 4740 ac6c a4f492707a4b 9人

文学

ゲームの王国 下

ゲームの王国 下

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

第31回山本周五郎賞、第38回日本SF大賞受賞。 時代が50年ほど飛び、「脳波ゲーム」に突入してしまって、混乱。SF色が濃くなっても、上巻と似た色を感じたかったなぁ。「山本周五郎賞」だからと手に取ったけれど、やっぱりSF苦手だと再確認。

1日前

F641a934 f62f 4480 bb7f 19efa26b01acDe232267 052d 400b bc60 0ac4afae644c47e08e49 e5c0 4a11 90c6 db62baeca62a
京都伏見のあやかし甘味帖 おねだり狐との町屋暮らし

京都伏見のあやかし甘味帖 おねだり狐との町屋暮らし

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

気の強いお姉さんと和菓子オタク草食男子の京町屋暮らし。よくあるパターンですが、お狐様達の姿が「虎太郎」にも見える事かな。「れんげ」さんの謎もあるけど、きっと虎太郎さんにもあるんだろうなぁ。 甘味のお話が間に挟まって、ガイドブック風になるのが苦手かな。

3日前