51yni76e4fl

8歳で発達障害と診断された僕が、なぜ自分の才能を生かす場所をみつけて輝けるようになったのか。同じ障害がありながら、いつも僕を信じて導いてくれた母。そしてア... 続き

コメント

周りの理解とサポートの大切さ、本人の自覚と努力、輝きの理由がわかります。

その他のコメント

発達障害当事者の本としても理解しやすいタイプの本であり、何より母・栗原泉さんのサポート体制がとても勉強になった。また、又吉さんファンとしても最後の二人のトークは読んでて楽しかった。梅佳代が写真担当なのも良い。

読者

Icon user placeholder6d6dc50a 273d 4f97 8467 a0e6df9c3362E8727533 d28b 4d64 a5f4 724edc2a6f3cC03ef9d4 7c11 4ac3 b659 478307dc303bIcon user placeholderA7c28a86 8f38 4505 a5b1 0290d15f3b57C4488e75 bce2 4e69 8e73 c9c66b6bf26cB28d8472 e447 4a77 ba3d b9897eb56eca 10人

文学

性食考

性食考

F766c7b9 58dd 47a5 8305 6464986b58d8

Shun

普段は帰宅後に、休みの日は散歩し…

岩波書店のホームページで連載された文章を元に編まれたこの本。「食べちゃいたいほど、可愛い」恋人や子供や孫にささやく言葉。人は動物を殺し、食べ、生きる。人は異性と交わる。そして子供が生まれる。食や性を嫌悪すれば、行き着くのは死だ。生きるために殺し交わる我々。『ぐりとぐら』に『あんぱんまん』、イザナキ・イザナミ神話や九相図を辿りつつ、生きることとは、野生とは、文明とはと問いかけてくる328ページ。「あゝ、つらい、つらい。僕はもう虫をたべないで飢えて死なう」。

約10時間前

07bf14c6 a1dd 4a1e 8c76 6a6d095ef89eD3e4c275 4ddb 4e6d 82d6 df5fe724e79e6ce246ea 6801 44c3 bc07 1153d7dd2568 23
書店ガール7 旅立ち

書店ガール7 旅立ち

28bebfeb 0345 42a3 bd34 c659b284ef31

サイカワモエ

本と本棚好き。

書店ガールシリーズの最終巻。書店のリアルな状況を書いたのだと思うけど、キャラクターがイキイキとするような、もうちょっと大団円的なまとめ方が良かったなー。

1日前