51%2bpbuzm6jl

まえがき〜発酵をめぐる冒険に、いざ出発! 〜第一章:ホモ・ファーメンタム 〜発酵する、ゆえに我あり〜 第二章:風土と菌のブリコラージュ 〜手前みそとDI...
続き

コメント

君の営み、我々の営み、別々のようで同じなんだヨ。

自然の営みを長い歴史の中で、デザインすることでその恵みを頂戴する術が発酵なんだ。

限られた資源、その土地の風土、そしてヒトの営み、それらの関係性から発酵は生まれる。

レヴィ=ストロースから山口昌男に至る文化人類学のレンズを通して、デザインされた発酵文化人類学。

自然とヒトの関係性が複雑なように、発酵とヒトの営みを語るには、一筋縄でいかないんだ。

けれど、全ては繋がっている。それはヒトの歩んできた道には発酵が付き物で、たぶんこれからもぼくたちは発酵と付き合っていくだろうから。

明日の朝はみそ汁を飲もう、そんな気分の読後感。

タイトル通りの発酵と文化人類学の本なんだけど、このふたつがしめす世界の深いこと広いこと。
特に、発酵に関してはもっと深掘りしたくなりました。
読んでると無性にお酒が飲みたくなる本でもあります。

発酵を基点にして文化人類学や社会学、デザイン学、経済学等々に派生していく。発酵についての紹介本とも言えるし、発酵を通して小倉ヒラクさんの考えを伝える本とも言える。

とりあえず発酵が今すごい!ってことが分かる。軽妙な語り口が難解な話を読みやすくしていてスルスル読める。

読者

4638bd4c 544a 4f86 a44d a78884bf205fIcon user placeholder5fa6f8e9 4c6e 40d1 85fa 284066c7a6cb3f3dd2f0 1024 4c23 b1f1 dffced4ff9906f016ad3 7d71 4595 8134 c72e61644a4aB1de97ca b44c 4c7b 89d1 312ae308e63cE0e9bc31 8254 435d 820d dd59b2b3ffb6B2671df0 f03e 4bdf 96a9 8e76ae8458f5 24人

人文

思考は現実化する_アクション・マニュアルつき

思考は現実化する_アクション・マニュアルつき

2c4dcba0 6b21 4b75 b6b2 8fc2fe556515

ももまる

本の世界、ステキな出会いがいっぱ…

世界で、たったの一冊しか本が読めないとしたら、間違いなくこの本を読みます。 なぜなら、わたしの悩みや不安は、 全てこの本の通りに実行すれば解決されるからです。 このことは、世界的に成功したヘンリー・フォードやリンカーン、エジソンが証明しています。 ナポレオン・ヒルは成功した彼らを20年間かけて研究し、その数々の失敗と乗り越える経過を見てきたのです。 これから、何度も読み返すことでしょう。 そして、毎回違うことを感じることでしょう。 いま、もっとも大切だと思ったエッセンスは、「願う力」です。 たとえどれだけ途方もない夢に思えたとしても、強く願えば願うほど、叶うと信じたことは、実現されます。 今まで、「どうせ叶うわけない」って、 諦めてました。この考えが、その通りの結果を生みだすのです。 「願う力」を特訓して、鍛えることにします。

3日前

5d8e0979 236a 4ccb be0f 4caf74a61122F64adade 26bd 472c ac66 0aa7661a28f0Ebb96471 43e1 4f35 9c81 1840af3c3422 13