Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
51%2bpbuzm6jl

まえがき〜発酵をめぐる冒険に、いざ出発! 〜第一章:ホモ・ファーメンタム 〜発酵する、ゆえに我あり〜 第二章:風土と菌のブリコラージュ 〜手前みそとDI...
続き

コメント

発酵を基点にして文化人類学や社会学、デザイン学、経済学等々に派生していく。発酵についての紹介本とも言えるし、発酵を通して小倉ヒラクさんの考えを伝える本とも言える。

とりあえず発酵が今すごい!ってことが分かる。軽妙な語り口が難解な話を読みやすくしていてスルスル読める。

読者

8a9d07e8 262e 4104 a224 e74b72dcc96fAfbad0e2 07ad 46e4 9eb8 de2357ec1535B157b007 4c8d 403f ab76 05595a1fbba1Ce6676dd 05fe 4fe1 bd60 44f7b05f9af3 4人

人文

アレント入門

アレント入門

D6630da9 772e 49b5 b568 1d687963fbe0

lAube

本と映画と旅が好き。

『人間の条件』を読む、ために読んだ。 労働・仕事・活動という人間の行為の分類(pp.77-89)や、市民と住民の違い(pp.92-93)、〈見えざる手〉と支配の問題(pp.96-97)、権力の三つの特徴(pp.111-115)など、ハッとさせられるアレントの思考がコンパクトにまとめられている。 なかでも面白かったのは、アレントの世界の説明の仕方。世界とは「事柄が公的になる空間として、人間が生きる空間、それにふさわしく見えなければならない空間」のことである(p.17)。とても独特だと思う。そしてこれを実現するためには次の2つのことが重要だという。 ①話すことを含めて、公的な場で発言し、みずからの思考を明らかにすること。 ②人々の間に人間関係の網の目としてのネットワークを作り出し、そこで行為すること。 これらを支える空間・領域をどう実現していくか、思考し活動へとつなげていきたい、、

約11時間前

水木しげる 鬼太郎の天国と地獄

水木しげる 鬼太郎の天国と地獄

E62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7f

さすらいのアリクイ

兵庫の山の中で暮らしています

天国、地獄の説明、図説と水木しげるさんのマンガが載っている本。この水木さんのマンガがすごい。鬼太郎が学校の教室の中で死んでいた少女を助けて欲しいと頼まれ、少女の魂が乗っている列車に乗り込むというはじまり。しかし列車の中で鬼太郎が見つけた少女は現世に未練がなくひょうひょうとした態度。乗った列車は行きの列車は亡くなった人、帰りの列車は生まれかわる人が乗るらしく、はたして帰りの列車に少女は乗ったのか…。小学生向けの本ですが、小学生にこの本読ませていいのかという気分に。内容がえげつない。ですが深くて面白い。読みごたえが相当あります。

1日前