51%2bpbuzm6jl

まえがき〜発酵をめぐる冒険に、いざ出発! 〜第一章:ホモ・ファーメンタム 〜発酵する、ゆえに我あり〜 第二章:風土と菌のブリコラージュ 〜手前みそとDI...
続き

コメント

君の営み、我々の営み、別々のようで同じなんだヨ。

自然の営みを長い歴史の中で、デザインすることでその恵みを頂戴する術が発酵なんだ。

限られた資源、その土地の風土、そしてヒトの営み、それらの関係性から発酵は生まれる。

レヴィ=ストロースから山口昌男に至る文化人類学のレンズを通して、デザインされた発酵文化人類学。

自然とヒトの関係性が複雑なように、発酵とヒトの営みを語るには、一筋縄でいかないんだ。

けれど、全ては繋がっている。それはヒトの歩んできた道には発酵が付き物で、たぶんこれからもぼくたちは発酵と付き合っていくだろうから。

明日の朝はみそ汁を飲もう、そんな気分の読後感。

その他のコメント

タイトル通りの発酵と文化人類学の本なんだけど、このふたつがしめす世界の深いこと広いこと。
特に、発酵に関してはもっと深掘りしたくなりました。
読んでると無性にお酒が飲みたくなる本でもあります。

発酵を基点にして文化人類学や社会学、デザイン学、経済学等々に派生していく。発酵についての紹介本とも言えるし、発酵を通して小倉ヒラクさんの考えを伝える本とも言える。

とりあえず発酵が今すごい!ってことが分かる。軽妙な語り口が難解な話を読みやすくしていてスルスル読める。

読者

0e16af16 568a 437b 9407 33b7a386f39c5c50f524 f6b7 412a b19b e458d59db9fd58f25349 c1a7 48f5 9a17 624b445abf4a4638bd4c 544a 4f86 a44d a78884bf205fIcon user placeholder5fa6f8e9 4c6e 40d1 85fa 284066c7a6cb55294e6a 7fce 4234 bbed 88b48b3c7bab6f016ad3 7d71 4595 8134 c72e61644a4a 27人

人文

タロットの宇宙

タロットの宇宙

558bda5d 65f3 4e16 9911 eb76a7998793

リジチョー。

NPO法人読書普及協会リジチョー…

小さいけれども、ピラミッドと同等、あるいはそれ以上の地球における宝にタロットがある。 今は占いに堕してしまっているものの、やはりそこには真理の物語が幾層にも編まれているのであろう。 おそらく人の発明品というよりは、そのように見せたヒューマノイドを当てはめる物語焼き機に近い。 アルカナをポケットに。 さすれば君の一期もそのカード一枚に近づくのかもしれない。 #リジチョー。

約14時間前

1a752b5d 37d6 4b20 9e65 97c7054e62c743d1a1cb 7eaa 4359 92af 3c5685e8879fB46867b6 d26f 44c3 9ff4 ea2fe9ea6135
日本語の正体

日本語の正体

F2d341c8 ceaf 4d12 a916 0c561a19ef78

taboke

5678

■日本語はどこから来たのか? 韓国の数学者・金容雲(キム・ヨンウン)教授は、つねづね日本語と韓国語を切り離して考えようとする研究者たちの説に、 疑問を持ち続けてきました。 「なぜ日本語には韓国語の古い形が残っているのか?」 「なぜ日本語と韓国語は、文法や微妙な表現の仕方まで一致するのか?」 「なぜ日本語の母音は5個なのに、韓国語の母音は21個なのか?」 「古代倭(やまと)の大王たちの言葉はなんであったのか?」 金教授の探求は、日本と韓国の数詞の共通項を初めて発見し、発表するまでにいたり、 ついに「日本語」と「韓国語」のルーツが「百済語」にあることを突き止めたのです!

約20時間前

書店に恋して: リブロ池袋本店とわたし

書店に恋して: リブロ池袋本店とわたし

Picture

渡辺洋介

神田村経由専門書版元

リブロ池袋店閉店時の店長によるリブロ史、リブロ本は数多く出ているのだが、著者は元々書店畑ではなく百貨店からの入社なので経営に対しての冷静な視線が面白い。 東京時代の20年間は池袋店の新刊台?入口壁面のあの場所が大変参考になり、今の出版状況を一目で把握できるありがたい場所だった。

1日前

Cee21314 e726 4b3e 85c4 736c9e1531294c39dd78 33f5 447d b8f1 7031c02b83b59b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935d