51%2bpbuzm6jl

まえがき〜発酵をめぐる冒険に、いざ出発! 〜第一章:ホモ・ファーメンタム 〜発酵する、ゆえに我あり〜 第二章:風土と菌のブリコラージュ 〜手前みそとDI...
続き

コメント

君の営み、我々の営み、別々のようで同じなんだヨ。

自然の営みを長い歴史の中で、デザインすることでその恵みを頂戴する術が発酵なんだ。

限られた資源、その土地の風土、そしてヒトの営み、それらの関係性から発酵は生まれる。

レヴィ=ストロースから山口昌男に至る文化人類学のレンズを通して、デザインされた発酵文化人類学。

自然とヒトの関係性が複雑なように、発酵とヒトの営みを語るには、一筋縄でいかないんだ。

けれど、全ては繋がっている。それはヒトの歩んできた道には発酵が付き物で、たぶんこれからもぼくたちは発酵と付き合っていくだろうから。

明日の朝はみそ汁を飲もう、そんな気分の読後感。

その他のコメント

タイトル通りの発酵と文化人類学の本なんだけど、このふたつがしめす世界の深いこと広いこと。
特に、発酵に関してはもっと深掘りしたくなりました。
読んでると無性にお酒が飲みたくなる本でもあります。

発酵を基点にして文化人類学や社会学、デザイン学、経済学等々に派生していく。発酵についての紹介本とも言えるし、発酵を通して小倉ヒラクさんの考えを伝える本とも言える。

とりあえず発酵が今すごい!ってことが分かる。軽妙な語り口が難解な話を読みやすくしていてスルスル読める。

読者

4638bd4c 544a 4f86 a44d a78884bf205fIcon user placeholder5fa6f8e9 4c6e 40d1 85fa 284066c7a6cb3f3dd2f0 1024 4c23 b1f1 dffced4ff9906f016ad3 7d71 4595 8134 c72e61644a4aB1de97ca b44c 4c7b 89d1 312ae308e63cE0e9bc31 8254 435d 820d dd59b2b3ffb6B2671df0 f03e 4bdf 96a9 8e76ae8458f5 24人

人文

すぐそばも幸せにできないで。 - 半径5メートルのレシピ -

すぐそばも幸せにできないで。 - 半径5メートルのレシピ -

2c4dcba0 6b21 4b75 b6b2 8fc2fe556515

ももまる

本の世界、ステキな出会いがいっぱ…

「太陽だって泣いてもいいし、怒ってもいい」 この言葉が、とくに好きだ。 人間だから、不安になったり悩んだり、怖くなったり、いろんな感情があるのが当たり前。 悪いことでなくて、それがリアルだって受け入れて、ちょっと不調な自分を認めてあげると、楽になる。 それから、半径5mをしあわせにすること。身の回りには、何があるかな? 大切にしてるモノやコトって、とってもシンプルなものなんじゃないかな? それが、核みたいなもので、自分らしさの素なんじゃないかな? 好きな例えに、「カルピスの原液のような人生」がある。 インフルエンサーは、カルピスの原液。 メディアはそれを薄めて、報道する。 カルピスの原液があれば、いくらでもカルピスを作ることができる。 大切にしているモノやコトって、カルピスの原液だな〜て思った。 それから、大さんのことばも、カルピスの原液に限りなく近いきがした。 カルピスの原液ってどんなモノか、気にならないですか?

3日前

1bb5671b 96b7 4375 9a8d a6ee1cf19387481ab4aa de91 4363 8b81 7adc7c2ffb1eCfa81b33 ebfb 44b5 b57c 25306bd0eea3
小さな習慣

小さな習慣

B605ce13 5449 414b 9e26 419cc8fff1e7

ねこのすず箱

主にミステリを読んでいます

表紙がかわいい。タイトル通り、ごく小さな習慣を身に付けようというお話。何かを行動するためには、それを決断する意志の力が必要。しかも意志の力は使うと消耗する。それ故意志の力に頼らない、習慣化された行動にしてしまおう。習慣化の近道は目標を小さくすることだ、という提案。

3日前

79887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a7Icon user placeholderB6c630a3 1e6b 40b2 9330 1c4239fdd89b 68