5176jsx39xl

開始された医事裁判の控訴審は、原告側弁護人や里見たちの献身的努力によって、予断を許さない展開に。そして、財前自身の体に不吉な病魔の影が…。厳正であるべき"... 続き

コメント

ドラマを見てなんとなくあらすじや結末も知っていたけれど、改めて原作を読むと面白くてあっという間に5巻読んでしまった。

その他のコメント

読者

B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d548b86f85 c709 4f4e bb51 d9ca240dc8ce642b02ad 0a3b 4660 bb08 574ec9e2df74C21e0cf0 962c 4e63 86ee 303caba24991Dd941b90 88b9 425c 9cca f8c6c38d532f64428cbb dafa 4ed4 9ebb 8704a4dbdff5 6人

山崎豊子の本

不毛地帯 第5巻

不毛地帯 第5巻

Eb55cb01 7a1e 4d08 af64 451a7415e66a

(ㆀ˘・з・˘)

(c" ತ,_ತ)

全巻読み終えた。 前半のシベリア抑留の悲惨さは背筋が凍る思いで涙し、元大本営参謀が一商社のヒラからスタートするところから中盤の戦闘機や自動車の商戦では主人公を応援する気持ちで拳を握りしめ、後半の石油の商戦からラストまでは、主人公の冷徹さに時折気持ちが引いてしまうところもあった。 フィクションとはわかっていながらも、所々でモデルとされる瀬島龍三氏の事柄をネットで検索しつつ読み進めていました。 とにかく面白かった。

5か月前

沈まぬ太陽 全5巻

沈まぬ太陽 全5巻

Eb55cb01 7a1e 4d08 af64 451a7415e66a

(ㆀ˘・з・˘)

(c" ತ,_ತ)

長かったが、その分だけ読み応えがあった。 あくまでも小説でありフィクションなので全てが事実ではないにせよ、ある程度事実に寄り添う部分が多々ある話であるとすると、当時のJALも政治も腐りきってるし、これだけ腐ってるなら、御巣鷹山の事故も、その後のJALの顛末も理解できる。 と、思った。

8か月前

D50f2539 ebd5 4e29 9864 d294f89a05e9Da3b1879 4d03 4418 b1a0 b96928ed83e11c81c53e fffc 4e52 a0ac aad944d8e01d