51k0remza5l

コメント

星新一、既に亡くなってるって知らなかった。。。この本も40年以上前に書かれたとは思えない。

その他のコメント

本全体のタイトルにもなっている「白い服の男」星新一にしては珍しい、わかりやすい「ディストピア物語」だ。

ただ、主人公が「革命側」や「支配される側」では無い。

会社で言えば「中間管理職」とも言えるポジションの男。

「支配する側の男」が当たり前のように、歴史を改ざんして、違反者を虐げる。

その「違和感を感じる」日常生活の描写が、なんとも言えない「嫌な感覚」を与えてくれる。

皮肉屋の星新一らしい物語。

淡々と進んでいくのが、逆に怖い。

また「自分が思っている常識とは?」という質問を自分に問いかけてしまう。

読者

Eb89880b e314 4f05 8941 a0cb68fdeeb82bbaa9ff 7cdd 435e b54c 9613d2dbf7a077d0db05 0cfb 4d3f ae0d a2dd0c2182a4 3人

星新一の本

午後の恐竜

午後の恐竜

D5f29d4b 22fd 4ed4 b64d 631bfe60b2fc

kantaroh

ブルーにこんがらがって

ただ恐竜が現代に現れるだけなら、誰にだって書ける話なんだけれど、短い話の中に人の愚かさと家族の穏やかな日常の一コマをまとめる星さんはすごい。 そして何よりタイトルがいい。 午後の恐竜だなんて、たまんないよ、まったく。

10か月前

2cc15121 f368 42ab 9585 ac81fa0f34ab4fd6ba7a ad0c 4e5e a982 4f7eed1de3a2Be95d78f 8108 4eff 8194 cfddaac041cb 24
盗賊会社

盗賊会社

D5457f7c 4637 462f 88e8 e397e32ae453

Takuya Yamamoto

島根県/双子/福祉職→総務課 本…

緑の表紙の新装版を購入。 苦労や苦悩は無くならないものかもしれない。 自分のことや家族のこと。会社に勤め働いていると、周りのこと、会社のことも考えなきゃならない。 疲れた時に読むと良い。現実離れしていて気持ちが軽くなる。それでいて、自分を客観的に見るキッカケにもなるかもしれない。

11か月前

De6aca64 47be 43a4 8cd0 f11dbe4616bd79db7a27 65e0 4abe 91ce f246bca4f2bdIcon user placeholder 8