Btn appstore Btn googleplay
51ubf4wuadl

化粧品会社の美人社員が殺害された。容疑者は同僚!? ネットで飛び交う憶測と無責任な週刊誌報道。噂話の矛先は、一体誰に刃を向けるのか。主演・井上真央で映画化... 続き

コメント

久しぶりに超面白いと思った本。
1日で読み終わってしまいました。
匿名の恐怖が実によくわかる。
最後の方にあるブログや雑誌的なのが、こんな風になってたんだ、と後から理解できて終始すごくワクワクした。

映画公開前に気になり過ぎて読んだ本。ページをめくる手が止まらない。誰が、誰が、誰が。安直な推理サスペンスではない、スピード感がたまらない本。最後まで読み終えたとき、最初のページに思わず戻りました。

フィクションなのにこんなにもリアルに人間が書いてあってすごい。結局みんな聞いてほしがりなんだな…

人のうわさ話っていい加減wって再認識させられた!

噂が広まっていく怖さ。それぞれがそれぞれの視点で話を受けとめ、作り上げていく。本当に怖い話だし、湊さんのリアリティがすごい作品です。

人の悪意(それも無意識のやつ)の恐ろしさを身近に感じられる作品。
これと同じことが、現実世界で日々起こっていて、とても無関係ではいられないと身震いする一冊。こういう悪意を描いた作品、個人的には大好き。

うわさっていい加減
そして言葉は聞いた人の取り方しだいだ

インタビュー形式で話が進む。前回読んだ少女もそうだけど、湊さんの作品は小説より映画の方が楽しめそうだと思った。それにしても他人の証言なんてものは本当当てにならないんだなと。大切にしたいものは簡単に人に教えるべきではないとゆうのには同感。

久々の小説!

人々が自分の都合のいいように物事を解釈して、どんどん噂話が広がっていく過程の怖さを実感。

疑われる城野美姫も城野美姫で、どんだけ疑われるような理由持ってるんだよって思ったけども。

殺された三木典子の、「典型的な嫌な女加減」も面白かった。

嫁さんに買ってあげたものを借りて。
文章と参考記事の構成は初めてだったと思うけど、面白かった。語り口調も良かった。
噂話は怖い。根拠のない話は極力しないようにしよう。

犯人探しというより、こうして冤罪は作られるのか、というのがよくわかる本でした。

物事を自分の見たいように見る。
物事を自分の聞きたいように聞く。
こういうことってよくあることだし怖いな、とあらためて思った。
湊さん節全開で面白かった。

相変わらずの語り口調で一気に読める作品。噂の恐ろしさを、ネット画面や週刊誌面風に表現している。展開の早さが読んでいて快感に変わる。

一番旬。
今の世の中のネット社会の裏表をすさまじく表現している。

人間の汚さが至るところで垣間見れる

著者の十八番とする一面的な物語をつなぎ合わせて展開される作風が活きています。

タイトル見て面白そうだったのですぐ購入しました

読者

C5cc27af c18c 4713 a0d0 574ca7d85503E7d6991d e90b 4a77 88e8 57092cd35a4e775a2c10 c78d 471c b1d7 2b3f1080df38Icon user placeholderIcon user placeholder93538bfa 0bd5 49b7 b6e0 cf5f5d9c64b8E8012c0c 762c 4d46 aef0 9a8ad6a6cfef4916be49 74bf 4e25 9f77 54bb653d97dd 132人

湊かなえの本

落日

落日

Bf74771d fe87 4162 b1ad 3da191288c8d

にじます

目標月5冊

母の圧、出来る姉、認めない親、嘘つく友だち..どこにでもあるから、つい読んでしまう

27日前

372ee6b3 520f 4938 940f ea7f5787d9e952d2fc50 f7e0 4c02 bc31 54a1c323ca11E7d6991d e90b 4a77 88e8 57092cd35a4e 16
ブロードキャスト

ブロードキャスト

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

デビュー10周年記念作品という事だが、NEW湊かなえ発見と言ったところか。王道まっしぐら青春小説だった。この青春劇に湊かなえが必要だっただろうか?

約1年前

E7d6991d e90b 4a77 88e8 57092cd35a4e6838316f 5792 4e84 b2ce 8420025562ba9f06b23d 4c9a 4215 88f9 249546724a99 24
告白

告白

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

2009年の本屋大賞受賞作品。湊かなえの代表作で映画化もされたので、知名度はかなり高そう。10年積読してた本をようやく読了。 読み始めたらあっという間で、その日のうちに読めてしまった。とにかく読みやすいのと、お話の先が気になってページを繰る手が止まらなくなる。徹夜必至本なのだった。 5人の語り手による「告白」形式の連作短編集。人の心の闇。人間が一番残虐になれるのは、正義の名の下に人を裁く時なのだということがわかる一冊。ワクワクしながら読んでる読み手も、その対象からは逃れられない。 まともな倫理観の人間が一人も居ないという、暗澹たる内容ながら、やはり復讐譚は面白い。これは読まれるのも納得。しばらくこの作家を追いかけてみようかな。

1年前

C0a10fd5 681f 4a4b 8287 77209c47a338Icon user placeholderIcon user placeholder 253
ユートピア

ユートピア

454e4e42 58da 45f3 b6c9 30eff85efb90

march

読んだ本の記録。

立場が違えば見方も変わる、まさにそんな感じ。ゆったり不穏な空気を含んだまま物語が進んでいきます。モヤっとした終わりで....当人同士にしか真実はわからない。

1年前

B1a2092b 1525 4781 a2f3 8fa64730b5d2E7d6991d e90b 4a77 88e8 57092cd35a4eIcon user placeholder 86