41aikzpytgl

1973年、大阪の廃墟ビルで一人の質屋が殺された。容疑者は次々に浮かぶが、結局、事件は迷宮入りする。被害者の息子・桐原亮司と、「容疑者」の娘・西本雪穂-暗... 続き

コメント

登場人物の気持ちを想像しながら読み続け止まらなくなる。絆、共同作業、そして賢く強く生きる2人。とにかく想像力膨らむストーリー!何度読んでも飽きない^ ^

東野圭吾さんの本の出会いは、白夜行でした。

やはり原作が一番好きだ。当たり前か。

善と悪は1つだ。

その基準は不定で、誰が決められるものでもないから。

これが明解されたら。
中絶の問題も、民族の問題も、国家の問題も。
全てが説明できる。

でもそれは不可能に近い。

それは人がそういうふうに、不完全にできているからだと思う。

だから自分が正しいと思い、信じ、決めた事を徹して生きて行くことができる。

例えそれが絶対的悪と見做されるような行為でも。

誰もがわかっているようなことなのに、なかなか気付けないのは何なのだろう。

ただそれは、その理由が明らかになった時。
間違いなく即座に、善と悪の立場は転換する。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
「俺の人生は、白夜の中を歩いているようなものやからな」

そう呟く桐原亮司の後ろにはいつも影があった。

ほとんど読んでいる東野圭吾の中で特に好きな作品①

私が読んだ東野圭吾さんの作品ではやはりこれが一番好きです。

謎だらけの空白のスペースがパズルのピースみたいにどんどん埋まっていくのが面白かった。
最後の方は続きが気になりすぎて一気に読んだ。
東野圭吾は食わず嫌いしてたけど、もったいないことしてたなーと。笑

けっこうせつない話
途中までは大阪が
ぶたいなのですが
じっさいにありそうな話と思ってしまいます。

綾瀬はるかと山田孝之のドラマもオススメですよ

初めて読んだのはもう10年前になりますね。読み返してもやはりこの作品がすごくと思います。

ハマりすぎて何回も読みました

主人公2人を取り巻く第三者目線でしか描かれない物語。
読んでいくうちにどっぷり浸かる。
1番好きな本です。

読むのは二回目だけど、やっぱり鳥肌がたった。
2人の間にはどんなやり取りがあったのだろう。
気持ちは?想像すると切なくなる。

嫁が持ってたのを拝借して読んでみた。
ボリュームはさることながら、飽きさせない展開に圧倒された。オチが個人的には今一歩だったかな…衝撃のラスト!みたいなのをちょっと期待してしまった。

長編ながら、サクサク読める。さすが東野圭吾さん。
全てがつながった時、人間の覚悟と限りない可能性に驚愕!
現実にもあるなら、、恐ろしいけど、、気づかないからありえるかも⁉︎
幻夜の続編ないだろうか⁇

伏線に次ぐ伏線、800ページもの長い中で、少しづつその伏線を明かしてゆき、最後に全てを明らかにする。800ページの長い読書の旅を飽きさせずに読ませることができるのは東野圭吾くらいだろう。

どハマりした作品。間違いなく傑作。全てにおいて秀逸。

主人公の周りに起きる不可解な事件の数々。始末するためには手段を選ばない残忍さ、更に意外な結末に驚き

東野圭吾作品の中でいちばん好き

人間として壊れてしまうような出来事から生まれた完全な怪物の話。壊れていてもあれほどの自律することができるだろうか。

読者

9427a9f3 7078 48cc b392 d43bf03ff60eIcon user placeholderBcc94ef8 73a5 4f7c 94a8 b4ad5f30332bFb128430 1a88 4396 9faf 046c34f0b111A1a4d1da 3e5d 45d8 afbd 32dd34771967C7fabf5f c290 41d7 b49b bab1fcd84a961a105b81 789f 410b ab39 4f59745bd3ceIcon user placeholder 201人

東野圭吾の本

文庫 恋のゴンドラ

文庫 恋のゴンドラ

E8012c0c 762c 4d46 aef0 9a8ad6a6cfef

ナッツ

27歳/主婦/ミーハー

ひとつひとつの短編が繋がっているので2度楽しめます。時系列も読む順番通りなのでサクサク読めます。 登場人物が多く関係性を把握するのに少し時間がかかりました。どのキャラクターも個性的で、男性目線・女性目線どちらからも楽しめます。 スキー、スノボ経験者は、情景が浮かびやすくより楽しんで読めるだろうなと感じました。

約2か月前

75427b58 3ff0 4cf6 bf64 ff9bbfba28e9Icon user placeholderE34c36cf 4c3f 4c0d 90d4 34d2aa6aac42 14
希望の糸

希望の糸

Cf2696c2 2b3a 4fd6 9146 4fa873b17527

さくチロ

読書は人生の道標☆

主役は違うが、加賀恭一郎の登場で嬉しかった。また会える☆ 歩んできた長い人生の中で、交わる糸を感じながらラストの言葉が気持ちよく響きました。 このシリーズの情の絡み合いが好きです。

3か月前

9fe9815c 39e6 4e68 86eb c14a429e7a89Icon user placeholderIcon user placeholder 14
ダイイング・アイ

ダイイング・アイ

22461bf2 dedd 4a1a a3b7 eab34b1bc5f1

kyoko

図書館がすき。

交通事故で死んでしまった女。その事故に関係している人達の話。東野圭吾さんの作品は、最終的は悲しいけど、どこかで納得出来るような結末。と、思ってましたが、これは違いました。 それはそれで面白かったんですけどね。読みやすいし、内容がスッと頭に入ってきます。

9か月前

Bcc94ef8 73a5 4f7c 94a8 b4ad5f30332b545bb696 0ced 4618 a74f a2e0fcca0cdaAce6a2d2 0963 4fb7 a2de 8e6e7c02c936 11