41aikzpytgl

発行元から

1973年、大阪の廃墟ビルで一人の質屋が殺された。容疑者は次々に浮かぶが、結局、事件は迷宮入りする。被害者の息子・桐原亮司と、「容疑者」の娘・西本雪穂-暗い眼をした少年と、並外れて美しい少女は、その後、全く別々の道を歩んで行く。二人の周囲に見え隠れする、幾つもの恐るべき犯罪。だが、何も「証拠」はない。そして十九年…。息詰まる精緻な構成と、叙事詩的スケール。心を失った人間の悲劇を描く、傑作ミステリー長篇。

東野圭吾の本

ダイイング・アイ

ダイイング・アイ

22461bf2 dedd 4a1a a3b7 eab34b1bc5f1

kyoko

図書館がすき。

交通事故で死んでしまった女。その事故に関係している人達の話。東野圭吾さんの作品は、最終的は悲しいけど、どこかで納得出来るような結末。と、思ってましたが、これは違いました。 それはそれで面白かったんですけどね。読みやすいし、内容がスッと頭に入ってきます。

5か月前

2174a424 19f9 474c 8f48 3f4028fcee52E524c3c4 c31b 442b b205 216ab74917793e02af49 bbde 4dd1 8171 bc6325aff062 8
秘密

秘密

Cb292262 5d04 49b0 a83b 2c35d1bc843b

ゆうま

手紙を題材にした小説を探していま…

事故の被害者だけでなく加害者の親族側の描写も細かくするところが著者らしい。

7か月前

35febbaf 965e 4a53 8879 a37b3862c0e42174a424 19f9 474c 8f48 3f4028fcee52E524c3c4 c31b 442b b205 216ab7491779 36
探偵倶楽部

探偵倶楽部

507febdf cc04 4a81 879c 833275baed62

朱林きつね

朱林きつねといいます

色んな目線から書いているところが飽きが来ない! どの話も人間ドラマがよく描かれていて、どんでん返しが来るよく仕組まれたトリックも文句無しでした。文も読みやすく、すごく面白かったです。

8か月前

2174a424 19f9 474c 8f48 3f4028fcee523c7075ea f09f 43de 9f5d 2e48b1586e1eC21e0cf0 962c 4e63 86ee 303caba24991