41aikzpytgl

1973年、大阪の廃墟ビルで一人の質屋が殺された。容疑者は次々に浮かぶが、結局、事件は迷宮入りする。被害者の息子・桐原亮司と、「容疑者」の娘・西本雪穂-暗... 続き

コメント

その他のコメント

登場人物の気持ちを想像しながら読み続け止まらなくなる。絆、共同作業、そして賢く強く生きる2人。とにかく想像力膨らむストーリー!何度読んでも飽きない^ ^

読者

Icon user placeholder49448683 e6cb 4bea 841b 0883d9480cf9B0acd94d c2ba 49bb 94d4 de2ed39f08b1Icon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholder9c19fa1b 8fc8 4081 9b4c 1548b52facaaDa3b1879 4d03 4418 b1a0 b96928ed83e1 195人

東野圭吾の本

希望の糸

希望の糸

Cf2696c2 2b3a 4fd6 9146 4fa873b17527

さくチロ

読書は人生の道標☆

主役は違うが、加賀恭一郎の登場で嬉しかった。また会える☆ 歩んできた長い人生の中で、交わる糸を感じながらラストの言葉が気持ちよく響きました。 このシリーズの情の絡み合いが好きです。

21日前

Icon user placeholderC5024185 68ea 4afd 831a ff20192377e5B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5 12
ダイイング・アイ

ダイイング・アイ

22461bf2 dedd 4a1a a3b7 eab34b1bc5f1

kyoko

図書館がすき。

交通事故で死んでしまった女。その事故に関係している人達の話。東野圭吾さんの作品は、最終的は悲しいけど、どこかで納得出来るような結末。と、思ってましたが、これは違いました。 それはそれで面白かったんですけどね。読みやすいし、内容がスッと頭に入ってきます。

7か月前

2174a424 19f9 474c 8f48 3f4028fcee52E524c3c4 c31b 442b b205 216ab74917793e02af49 bbde 4dd1 8171 bc6325aff062 8
秘密

秘密

Cb292262 5d04 49b0 a83b 2c35d1bc843b

ゆうま

手紙を題材にした小説を探していま…

事故の被害者だけでなく加害者の親族側の描写も細かくするところが著者らしい。

9か月前

Dac65a9b 3335 4888 acc9 e29fcb3a56a935febbaf 965e 4a53 8879 a37b3862c0e42174a424 19f9 474c 8f48 3f4028fcee52 37