41aikzpytgl

1973年、大阪の廃墟ビルで一人の質屋が殺された。容疑者は次々に浮かぶが、結局、事件は迷宮入りする。被害者の息子・桐原亮司と、「容疑者」の娘・西本雪穂-暗... 続き

コメント

嫁が持ってたのを拝借して読んでみた。
ボリュームはさることながら、飽きさせない展開に圧倒された。オチが個人的には今一歩だったかな…衝撃のラスト!みたいなのをちょっと期待してしまった。

その他のコメント

登場人物の気持ちを想像しながら読み続け止まらなくなる。絆、共同作業、そして賢く強く生きる2人。とにかく想像力膨らむストーリー!何度読んでも飽きない^ ^

読者

Dc21208d 0f4c 4c51 838b fd9dad4f5b4f28e2f3bf e57d 401c a942 056bf1e01c6a3b6bd81f b3fb 492d b24a 5ae11b34c7715e202d0e e477 41e5 8418 bbf415032d38Df5b43b4 8197 4c44 80d9 eaf1fae888674d32d8bd 8834 49c7 baa2 ade3fb8458fbIcon user placeholder66b38508 5a46 4f97 a0fb 87ff00c4b34a 166人

東野圭吾の本

鳥人計画

鳥人計画

D4f645e4 009c 4f5c 8e85 b59f721be82a

taboke

5678

日本ジャンプ界期待のホープが殺された。ほどなく犯人はコーチと判明。一体、彼がどうして。一見、単純に見えた殺人事件の背後に隠された驚くべき「計画」-踏切のタイミング、空中姿勢、風圧、筋力、あらゆる要素を極限まであの男のデータに近づけよ。「計画」は極秘のうちに進行しつつあった…。拘留中の犯人が密告者を推理する、緻密極まる構成の本格スポーツ・ミステリー。

約1か月前

7262626b 2805 4a8b b0cb 7802ea43127d27bf5885 8aa4 43d9 b152 506c814daece640f728f e769 44af ba9a 68ef8e0f4aff 8
十字屋敷のピエロ

十字屋敷のピエロ

D4f645e4 009c 4f5c 8e85 b59f721be82a

taboke

5678

ぼくはピエロの人形だ。人形だから動けない。しゃべることもできない。殺人者は安心してぼくの前で凶行を繰り返す。もし、そのぼくが読者のあなたにだけ、目撃したことを語れるならば…しかもドンデン返しがあって真犯人がいる。前代未聞の仕掛けで推理読者に挑戦する気鋭の乱歩賞作家の新感覚ミステリー。

約1か月前

25e181a6 c00b 4e37 9584 6ec45682f616F92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c797Fa1d4e69 319a 436e bec7 2d60ce37b8d7 12