41aikzpytgl

1973年、大阪の廃墟ビルで一人の質屋が殺された。容疑者は次々に浮かぶが、結局、事件は迷宮入りする。被害者の息子・桐原亮司と、「容疑者」の娘・西本雪穂-暗... 続き

コメント

嫁が持ってたのを拝借して読んでみた。
ボリュームはさることながら、飽きさせない展開に圧倒された。オチが個人的には今一歩だったかな…衝撃のラスト!みたいなのをちょっと期待してしまった。

その他のコメント

登場人物の気持ちを想像しながら読み続け止まらなくなる。絆、共同作業、そして賢く強く生きる2人。とにかく想像力膨らむストーリー!何度読んでも飽きない^ ^

読者

E7e4c837 a83a 4e00 910f c1e1ee9acffa8a90727c f0b8 44dd a493 ed5e9e1eebb5A9c61214 474f 4773 9ee6 d4a3299f06f3Icon user placeholder9aa4f61e 054d 4794 8e17 9c35c0591106Icon user placeholderIcon user placeholderFa1d4e69 319a 436e bec7 2d60ce37b8d7 132人

東野圭吾の本

人魚の眠る家

人魚の眠る家

72c73e32 8bab 4dc4 92f2 8fbe56ff74a6

大学生① 土日に読み貯めます。

生きているとはどういうことなのか、今の日本の医療の在り方や臓器移植の問題について考えさせられました。 こんな介護の仕方があるのかと驚きました

5日前

Icon user placeholderE344ca04 c576 4479 85dc 7c3c83597ed40da6ef31 b2f9 48a8 80fb 9032dbc67f48 20
ラプラスの魔女

ラプラスの魔女

2e580590 9361 4a0f b7fc 3658d759d133

千野久美子

海の近くに住んでいます。

夢中になって読みました。 しかしさいご、あれっと思い結末だけを読み返しましたが、それまでの迫ってくる文章の最後としては、物足りなく思いました。

2か月前

Ceeaa7ff 1f60 43c7 bb95 06bda11a98e709c068ab 3b99 4ce4 888a ae56f6359bacIcon user placeholder 60
危険なビーナス

危険なビーナス

4ecb002b fa43 4e8f bc84 b0b84323bfb8

SGGK

サッカーとミステリとハードボイル…

毎回楽しく読ませていただいています。 今回の主人公が珍しく俗っぽいのは、冒頭から違和感満載なのを誤魔化すためでしょうか? 最後は社会派ミステリのような感もありますが、やはり面白いです。

3か月前

B8836f8e 8779 47c5 bc73 eeba65ece6ee9922679c 987e 440a beab 7bdc46dc49f468b548f4 59ef 4922 ac62 b25cc4725ea9 11