41aikzpytgl

1973年、大阪の廃墟ビルで一人の質屋が殺された。容疑者は次々に浮かぶが、結局、事件は迷宮入りする。被害者の息子・桐原亮司と、「容疑者」の娘・西本雪穂-暗... 続き

コメント

嫁が持ってたのを拝借して読んでみた。
ボリュームはさることながら、飽きさせない展開に圧倒された。オチが個人的には今一歩だったかな…衝撃のラスト!みたいなのをちょっと期待してしまった。

その他のコメント

登場人物の気持ちを想像しながら読み続け止まらなくなる。絆、共同作業、そして賢く強く生きる2人。とにかく想像力膨らむストーリー!何度読んでも飽きない^ ^

読者

2fdd78d3 53df 4164 867e 80da2428c7f9458f54bf 27b0 432c b1a2 212f7d11f31a3685983e 5f00 40ff bd7b fbf4fbb27dccIcon user placeholder1f5a0c0a 6bea 490c a316 5c8d46675b09Icon user placeholderC06c8117 e1ff 464a a0b3 a143c2552a59C7ea5e80 8efb 4a17 9c2b ad18bb393510 140人

東野圭吾の本

虚ろな十字架

虚ろな十字架

922c15e0 ca3b 4523 a34b edecb041985d

ともちゃん

本屋さんでは早送りの時間流れる

「死刑制度」「償い」がテーマ。(オウム真理教13人の実刑により考えてみようと…)お腹の奥底に重い石を投げ入れられた苦しい気分。考えれば考える程に答えが出ない。被害者も加害者も周りの人も、すべての人の些細な感情の動きを自分も持ち合わせている事に気づく。誰にもなり得る自分が怖い。

約2か月前

57e191c5 a69d 4aaf b8a3 5625582531f18a90727c f0b8 44dd a493 ed5e9e1eebb5425cdc95 0114 4195 b328 7c175935f06d 26
人魚の眠る家

人魚の眠る家

72c73e32 8bab 4dc4 92f2 8fbe56ff74a6

大学生② 土日に読み貯めます。

生きているとはどういうことなのか、今の日本の医療の在り方や臓器移植の問題について考えさせられました。 こんな介護の仕方があるのかと驚きました

2か月前

E143de23 46db 450c a591 eeeac8719034E014b6cb 83fe 4e54 93cc 355c9b858fe0320944d0 234b 4386 9685 e8dc4aceddd9 51
ラプラスの魔女

ラプラスの魔女

2e580590 9361 4a0f b7fc 3658d759d133

千野久美子

海の近くに住んでいます。

夢中になって読みました。 しかしさいご、あれっと思い結末だけを読み返しましたが、それまでの迫ってくる文章の最後としては、物足りなく思いました。

4か月前

Icon user placeholderIcon user placeholder8bd9796e b8db 4f04 b36a 9f5621cc3854 73