41st5nkzxpl

いつから私はひとりでいる時、こんなに眠るようになったのだろう-。植物状態の妻を持つ恋人との恋愛を続ける中で、最愛の親友しおりが死んだ。眠りはどんどん深く長... 続き

コメント

20年ぶりくらいに再読中。なんと、若木信吾さんが映画化! キャストが豪華→安藤サクラ(寺子)、谷村美月(しおり)、井浦新(岩永さん)。一足早く試写で拝見したんですけど、想像以上に素晴らしかったです!!!!! 4/25テアトル新宿ほか全国順次公開。

写真家若木信吾さん監督で映画化されるそう。夜をテーマにした短編3本。とろり浅い夜の夢のような心地。

映画化されるので再読した。登場人物はみんなやさしくて、悲しい状況にいるはずなのに、なんだかうらやましくなる。

“眠り”に関する3つの短編集。

僕自身 眠りに対して様々な考えがあり 眠りに落ちる瞬間のこと、夢の事、なにか妙に時期を感じ拝読。

最も共感したのは『ある体験』。
昼間には「今夜は飲むまい」と思うのだが夜になると「一杯だけ」から始まり何かしらのボトルを空けていて 自分の内部に沈み込むように眠り込む事が日常である僕のことを言っているかのような序章。朝目覚めた時のやるせなさや 起きる事の恥ずかしさで 毎朝 懺悔を迫られてるよう。

吉本ばななは不思議な女性だ。

女同士の友情が確実に存在することを教えてくれる。男の自分からすると奇妙な関係性とも思えるソレは男ほど直接的ではなく 多くを語らず陰湿でエロティックで母性的で どの感情が押し出したのか分からない涙がこぼれてしまう優しさがある。

眠ることと死の対比、良作。

どんどん不安になってゆく気持ちが何故か心地よかったりもした

青い海の底を
かなりの底を、
ゆらゆら漂い続けている感じ。

最後にぷはーっと
顔を出した景色の眩しさを、
感じられてよかった。

物語に海は出てこないけど、
とてつもなく海を感じました。

夜と死とお酒と夢。無意識、潜在の領域。自分を見つめて、探して、感じて。あれだけ、静かじゃないと、探し出すことができないのかもしれない

生死の間をゆらりとさまよっているような物語でした

吉本ばななは本当に何気ない日常を、キラキラした掛け替えのないものとして描くのが上手いと思う。生命力漲る。

夢と夢みたいな現実のはざまで、恋人とご飯を食べ共に夜を過ごす。死んでしまった友達のことを思い出しながら、ぼんやりと過ごす。
生きてても死んでいても誰かと過ごしていても人はどこか孤独で、どこかでは一人きりだ。
でもその中で生きていくお話。
でも絶望はしていない。

読者

Icon user placeholder29ca499b b7c3 42a5 9daa 62cdf29cbea6D30db78e dbba 401a 96e1 6b00f9212d8e0a3d1452 5ad9 4f23 a3ad 85e54cbe0bc453e40bc2 f249 43d8 88dd 0d4b900b2a8a1a58a418 9404 4011 85da d661916a181f842b13a3 69d2 47ba baa9 ca6023211f0f2a40b4b2 0078 44a6 9123 1ebad6a3b33e 26人

吉本ばななの本

吹上奇譚 第二話 どんぶり

吹上奇譚 第二話 どんぶり

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

[第一話]の世界観そのままに、仲良くなった人たちとミミが描かれています。 読んでるうちにすっかり身体に馴染んでしまう吹上町の空気。 根拠なくミミに賛同してしまう自分がいます。 あ、ママの親子丼食べたい! 「哲学ホラー」とのこと。何故、何でもかんでも名札つけちゃうのかなぁ。 次回新刊[第三話ざしきわらし]楽しみです。 是非[第一話]から、吹上町にお越しください。

10日前

A04f9974 e38b 41a9 8995 7d08d78ed2285a18ee37 88c4 4116 b20f 1a2e9ceed0f7
N・P

N・P

F9a871c3 83cb 4026 a719 82192473f6ba

りよ

小説が特にすき

強さも脆さもすべて激しい、女の子の物語。 ひと夏の出来ごと。

7か月前

Cbd91a76 15c3 4d22 9f7d 010783c23bf121c8c7f8 6f0a 496f bc08 24248e0dec71755b445b 6724 42aa a1da ff3b2f0c54d5
とかげ

とかげ

B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5

なかむう

小説が好き。

再読。短編集。 「どうしてもどうしてもさわりたくて、気が狂うほど、もういてもたってもいられなくて、彼女の手に触れることができたらもうなんでもする、神様。」この文章に子供ながらにぐっとつかまれた。

約1年前

F9ed6367 e960 4960 9836 90617222a3a0000f7f04 309c 4d70 b17e a6dba3d145d8