51 dbefck3l

コメント

何気なく古本屋さんで100円で出会ったが、これは陶器について学ぶ上でも民芸について考えていく上でも大変大切な1冊だと思いした。文も読みやすく厚さもあまりないので、陶器についても韓国の陶芸についても日本の民芸についても知らなくても、抵抗なく読めます。映画化されてもおかしくないなーと思ってたら2012年に映画になってましたね!

読者

2293e5aa 24ce 4093 bccc d5c73982411d014253d4 6080 4951 9119 24735184a696

文学

機捜235

機捜235

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

定年間近の相棒、縞長さんが事件を解決に導いていく。 刑事として人間として、事件との向き合い方を教えてくれる素晴らしい人物だ。事件が9編 高丸と縞長のコンビがこれからも楽しみだ。

約4時間前

あひる

あひる

55726567 d82a 4e2a 8834 03827f5e7724

m a chi *

本読むのすきです(◍´ᴗ`◍)専…

いろいろと意味を考えながら読むが、私にはわからないのか、そもそもそんなに深い意味はないのか、うーんもっと気楽に恐怖感?とやらを味わえばいいのか。 「おばあちゃんの家」と「森の兄妹」は連動してる...よね?

約10時間前

Ef71581d c2e3 4baf 998b 784e421d7a7bEf37a3b0 df68 4698 9ce2 18987b2fa1f5D16a2047 37fc 4190 9b34 2645789c7556 8
作家刑事毒島

作家刑事毒島

Akiaivjyeuyp25rambwa

アルテシマ

本と本棚好き。

うーん、痛快でもあり、不快でもある笑 評判良さげですが個人的にはちょっとクドいかな。あまりにもパターン化してる。

1日前