51kncmsc4nl

コメント

「どれ、「砂漠谷」に向かうかな」……、戦後在日の生活史を考えるとき、必ず思い浮かぶこの本のラストシーンです。

その他のコメント

戦後に祖国へ強制送還されようとしている朝鮮人家族たちの物語。知らなかった歴史の側面を市井の人々を通じて伝えてくれる。

読者

1cee6f88 604b 4615 a254 0ba7ea68165d3a03af32 960e 42e5 b407 59d6f9872045

文庫

きつねのはなし

きつねのはなし

64e50687 d69c 4a16 9e02 a2dc2e49048a

HSSISOLATED

人生で何度目かの読書熱

正気と狂気の狭間で揺れる不思議な物語だった。 ひたひたとした冷気のような恐さが漂い、どこか普通ではないという違和感、世界が段々と不穏な恐ろしいものへと変わっていく、そんな体験ができる物語だった。 現実検討力、自他の境界や自我同一性がゆっくりと曖昧になものになる。まるで芥川龍之介の『歯車』のように。 人間の自我が現実原則と幻想、正気と狂気の狭間で危うげなバランスが保たれるているのかもしれない、そんな怖さを感じる。 短編小説でありつつも京都と言う土地、不思議な古物商、そしてきつね或いはケモノという緩やかな繋がりがある。 いや、緩やかに繋がっているという知覚自体、ひょっとすると既に妄想的な関係念慮なのか・・ と、言うとさすがに病的に過ぎるかもしれないけども、そんな不思議な怖さがある「怪談」であり、どこかノスタルジックだった。 その他 『ふざけた狐の面がくっついていて、それはどうしても取れない。』(p.59)

約2時間前

6c876b72 6e94 463a 9040 7d8cef6d61b6E7b94d4b 30a6 4cc0 a9a9 45ba8574a3512feacd2a b058 49bd 9d12 9535ea249592 45
アムリタ

アムリタ

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

大学の映画サークルでの一幕。 天才が天才故の倫理観で無双する話。これ、ネタバレなしで感想書くの難しいね。 天才ならではの描写は、そこはかとなく、森センセの真賀田四季を連想させられる。 新装版出たけど、中身はどれくらい違うんだろう。

5日前

E524c3c4 c31b 442b b205 216ab74917798bd418a8 d4e9 4159 9418 0a9a5950206e1852c7f9 c8a3 4c55 bfe9 81a2fc5cd664 10