Btn appstore Btn googleplay
51kncmsc4nl

コメント

「どれ、「砂漠谷」に向かうかな」……、戦後在日の生活史を考えるとき、必ず思い浮かぶこの本のラストシーンです。

その他のコメント

戦後に祖国へ強制送還されようとしている朝鮮人家族たちの物語。知らなかった歴史の側面を市井の人々を通じて伝えてくれる。

読者

1cee6f88 604b 4615 a254 0ba7ea68165d3a03af32 960e 42e5 b407 59d6f9872045

文庫

サキ短編集

サキ短編集

Ogdkwwy4 normal

小木メダマ

じめん/いわタイプ

イギリスに生まれ、短編作家としてO・ヘンリーと肩を並べるサキ。しかし日本での知名度は圧倒的にヘンリーの方が高く、サキはマイナーな作家とされている。 以前よりその風評は聞いていたのだが、先日たまたまブックオフで安売りされていたので購入。流し見したところ一話辺りおよそ5~6頁。短編集というには流石に一話一話が短いのでは?と思っていたが、海外文学らしく一頁辺りの文量が非常に長いため、非常に読み応えのある作品郡であった。 サキという作家はそのブラックユーモアと鬱屈とした切り口を武器としていた作家であり、この短編集にもそれが遺憾無く発揮されている。この表紙の、子供の作った稚拙な人やカラスの版画も、その雰囲気作りに役立っていると感じた。決して恐怖ではない不快感。しかしそれは意外にも苦しいだけのものでは無い。 さて前置きが長くなってしまったが、サキという作家について興味を持った、持っているという人にも是非ともお勧めしたい一作である。ちなみに私のオススメは「狼少年」と「話上手」である。どちらも面白さの方向性が微妙に違うのだが、どちらも反道徳的な恐ろしさを楽しめる一作だ。

約2時間前

22a5fbb8 cfa8 4dc2 966a e54156f76e4a0a17d43d 1c1a 40be 807c ce17dd69d7a85804483d eac3 4915 84ba f8be3f50e9ab 11
ジキルとハイド

ジキルとハイド

E8012c0c 762c 4d46 aef0 9a8ad6a6cfef

ナッツ

27歳/主婦/ミーハー

結末を知っていても楽しめる本。 油断すれば人は簡単に変わってしまうものなんでしょうね。

約2時間前

05d68b26 8a89 409e 8c75 4ae3b2b25a4f71e6ec47 210c 4981 b1b4 119aef0baddfC9416021 ddcd 4549 a615 2e95cc0f62ac 29
おちくぼ姫

おちくぼ姫

Cbda7f18 b4b3 417b 9513 712e1d292184

ひろむ

月に7冊以上、年間では85冊読破…

2020/2/23読了 千年前から人間の本質ってあんまり変わらないんだなぁと思わされる。 この和製シンデレラストーリーは、十代のうちに読んでおけばもっと楽しく読めたんだろうなー。古典を学ぶ時に、先生もどうせならこの本を薦めてくれれば良かったのにと思う。

約2時間前

A28837e3 f488 4f68 a105 f4a8b62d3369382ac57a 4c2e 47c1 aeed a9c97d224dd8Cb292262 5d04 49b0 a83b 2c35d1bc843b 31