5192riajkhl

橋の下に逆巻く川の流れの泥から百年の記憶が蘇る! かつて綴られなかった手紙、眺められなかった風景、聴かれなかった歌。話されなかったことば、濡れなかった雨、... 続き

コメント

私は記憶は不確かなものと認識している。記憶は年月と共にすり替えられる物だ。しかし、百年分の泥の中から出てきた記憶は、フレッシュだった。
そしてまた、泥の中へ。いい思い出も悪い思い出も。
インドの国は、不思議な事がよく似合う。誰が飛んでいようと、誰が話しかけてこようと。
私のあれやこれやの記憶も、インドの川の泥の中に埋まっているのだろう。

その他のコメント

想像していたのとはまったく違うストーリー。泥の中から次から次へと掻き出される物語。現実なのか、非現実なのか。
まさにカオス。インドらしいといえばインドらしいのかも知れない。行ったことはないが。
最後まで困惑しながら読んだ。これが純文学というものでしょうか?
もう一度読まないと消化できない。またいつか。

読者

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4A0aa09f5 02c0 4afe a65d 2bb7bd1c304aIcon user placeholder89e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0eDa7ed40f 2e85 4d0f b348 238216b8aa92 5人

文学

聯愁殺

聯愁殺

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

リトル

小説も漫画も絵本も読みます

突然 見知らぬ男性に殺されかけた主人公の一礼比梢絵(いちろいこずえ) 何故自分が襲われたのかわからないまま 4年の歳月が過ぎ ある日当時関わった警察官が〈恋謎会〉メンバーであるミステリー作家や私立探偵を集めて検証してくれることとなった 犯人は思いもよらない人でした 登場人物たちの名前がみんな変わってて 覚えるまでが大変でした おバカなもので(泣)

36分前