41uw8rpiypl

呉服屋に始まった日本の百貨店は、明治政府が推進した文明開化の波に乗って舶来文化の殿堂となり人々の憧れの場所となった。本書は、明治、大正、昭和と庶民のファッ... 続き

コメント

以前、写真が入った百貨店の本を買って読んだことがある。呉服・鉄道・地方ありとあらゆる百貨店を網羅していてそれは楽しかった。が、こちらは呉服店系を中心に、百貨店がどんなポリシーで営んでいたのか。またその歴史を編纂して世に送り出した、百貨店の歴史書といっていいだろう。たとえその売り物が高くても、デパートというステータスが人生の設計になっている。文化やエンターテイメントを作り上げて来ている百貨店が、どんな歴史を歩んでいるかを記されている。昔の呉服店での現金掛け値無しが、意外な所からはじめていることも驚くし、百貨店の経営には様々な決まりがあるのだな、とも感心する。百貨店は最近スーパーマーケットが運営しているところもあるし、家電量販店でもデパートの店舗を居抜きしたり、敢えて百貨店ふうに作る店すらある。一度立ち止まって、近所でもいいからデパートをじっくり見て、本書を読んで見直してみたい。

読者

Aca6c246 ff3f 450c a67f 3feeb7fa5cab4b47712e 2374 4d51 b0f7 838913514ccd847ba603 e466 4f7d 92aa bd8a57cab5be3a01e815 96e8 4da4 8644 775919edcf51Da0b5002 3a8d 4aa3 a621 f238dd8128d8174636fc 64b0 4154 8e1f 24126c9a62f7Eab73b10 f92c 4f72 9319 42fd05afe2635ee634e1 842e 438e 980f 0406d3b58a1f 10人

ビジネス

無理なく続けられる年収10倍アップ時間投資法

無理なく続けられる年収10倍アップ時間投資法

77d0db05 0cfb 4d3f ae0d a2dd0c2182a4

GTR

よろしくお願いします

出版された当時はブームを起こしたらしい。 企業経営的な改善方式とか、効果測定などの方程式を、個人の時間活用に応用した内容が画期的だったんだろう。 「脱毛は時間の投資効率が良い」とか、 「毎回ビューラーでまつ毛を上げる手間よりもまつ毛パーマをすすめる」とか、 行動する内容は女性らしい。 でも、発想は「流石はコンサルタント」というか当時の常識なら「男のビジネスマンが書きそうな内容」だったので、そのギャップが読者に受けたのかも。 「時間を投資する」という観点は、スケジュールをせせこましく使うことを勧める平凡な「時間節約」に比べたら、それこそ10倍は価値がある。

1日前

働く大人のための「学び」の教科書

働く大人のための「学び」の教科書

179b712e f78b 4ed1 b907 50377d03f726

ppoolloo

専らビジネス中心 買って満足しが…

とにかく「行動してなんぼ」。 とはいえ何からやったらいいかわからないときは、“楽しみを感じる”ד人に感謝される”ことからやってみる。

4日前