41t0gca74el

2万体を検死した法医学の権威・上野正彦医師が、忘れられない、愛と生と死のドラマ。 続き

コメント

監察医である著者が経験した話をまとめている本である。たくさんの死者を解剖した彼の話は、読んでいて家族や死について考えさせられる。内容も短く深いので、非常に読みやすいのに考えさせられる本だ。

読者

93dcd10e afa2 42c7 ac27 82fb3d702f476ff462d4 3463 4546 9bac 35f4c0243093

上野正彦の本

死体鑑定医の告白

死体鑑定医の告白

8b153b9d 912f 460b 87ff cf2ab8fc2ad0

ミズキ

福島県内公立図書館臨時職員(司書…

死体は嘘をつかない。 本当にその通りだと思う。 監察医と鑑識は憧れの職業だった。

1年前

死体を科学する

死体を科学する

B9ffc0ff 7fd6 4faa 9a30 30218e0ec734

あづま

なんでも楽しく読んじゃう学生です…

定期的に読み直している本。 日常的に出会うことがなく、テレビや漫画ではぼかされている、そんな知らない世界を実に面白く教えてくれている。 ページをめくるたびに「そうだったんだ!」と目から鱗だった。 今では漫画やドラマをみるたびに、「こんな死体や血の散り方はありえないんだけどな〜」と、笑いながらみています。

1年前

法医学で何がわかるか

法医学で何がわかるか

B6ed4fea 8cb6 4e7e b2f5 53578ccb9e72

S

勉強と情報収集アカウント//為替…

これも最初の方と後ろの方は読んだが 途中は抜かした 法医学兼ねてから興味ある分野ではあるが、深追いする気はこれをみてなくなった

約2年前