51uontyxd2l

『その女アレックス』の鬼才ルメートル、最新作。 徹夜必至。一気読み保証。 どんづまり人生の一発逆転にかける失業者アラン、57歳。愛する妻と娘たちのため、知... 続き

コメント

面白いし、作者特有の二転三転と話が転がります。ぜひ!

その他のコメント

★4 この作者は『その女アレックス』が素晴らしいので、一冊目ならそちらをオススメする。この本がどういった話かは、それ自体がミステリーと言える。邦題やあらすじはある種の「つかみ」であり、物語を要約してはいない。

主人公は人事のプロでマネジメントを専門にしている。会話の機微や心理戦はリアルに追及されていると感じた。後がない崖っぷち感が大丈夫ならオススメ。結末を知りたいという推進力で一気に読めるだろう。

読者

Df76215c 0d5c 423b be24 8c8270ec4435Icon user placeholder66b38508 5a46 4f97 a0fb 87ff00c4b34aF21566a4 02fc 4938 b8fb aa87195e327384d1a374 bc29 4c2e b929 01982e9a9690F4089288 4d4f 4f51 9b08 f6fd2d35966cF278bd7d d688 4054 8301 14d6a8fe87d8825d85f6 07ab 462b 8b77 3b021b87df01 8人

ピエール・ルメートルの本

傷だらけのカミーユ

傷だらけのカミーユ

04ddc4a9 a261 4b42 9b0e 5f0ebbad88ca

Taraco-Sell-たらこせる

nigata-saitama,m…

ようやく今年の片目が空いた。三部作最終も「俺があいつであいつが俺で」展開だが、シリーズが進むにつれて「過去」は重ったくなるなあ。そして「カミーユが一番傷つくことは何か」を追っかけてたらその「男」かー、というのはなんとも。「悲しみのイレーヌ」は第1部がアレだから、彼の本当の姿って結局どうなんだったっけ?なんて順番守って読んだ人間には遠くなってる部分も。

約2年前

00a6cf1a c5e2 4331 ad04 f26bd088f9201a56b188 0482 481c 80ae 75c2690439e466b38508 5a46 4f97 a0fb 87ff00c4b34a 18