51%2bn5b8a xl

コメント

大好きな柚月さんの、デビュー10年の集大成の作品。読後、さすが柚月作品に大満足だけど10年分の集大成に心が痛い。

その他のコメント

相手を詰む寸前だとわかっていながら、でもそれでいいのか?という最後の一手を決めきれない、どう打ったらいいのかわからないそんな感じ。
捜査と並行して、真相が進むことで、うっすらと真実が見え隠れするけれども、それが真実なのか確信が持てない感じがで、先が気になり、どんどんと読み進めてしまった。最後まで飽きさせないストーリー展開で、映像化しても十分楽しめるエンターテイメント性も感じられた。

将棋については、詳しくないものの、ひふみんや藤井聡太くんの存在もあり、わりとストーリーに入りやすかったし、将棋士になることの難しさと将棋の過酷さがヒシヒシと伝わってきて、将棋に魅了される気持ちもわかりつつ、踏み込めない難しさも同時に感じた。

捜査のピースが一つ一つ埋まっていく快感。桂介の厳しい生い立ちと将棋との出会い。読者は相反する立場の目線で桂介という人間を知っていくことになります。上条桂介は、血に翻弄されたのか、将棋に翻弄されたのか。
事件の真相は、読者にのみ語られます。将棋がよく分からない私でも、熱量と緊張は充分伝わるものがありました。久しぶりに本の中に頭を突っ込んで覗いている感覚を味わいました。

読者

8eda5f18 e89d 470c 9d22 c230d4201be7657377ce a324 491f b7c9 d459b0ff89e71638af4c e32f 4e25 a746 c60199761998Icon user placeholder840af13a 7572 4368 82d4 67845dac04e0Bdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e311Ec9d141a dc97 41df 812e 9427c9e8c25f0ae2b6dd e217 4880 8508 2f16c668ccf7 17人

柚月裕子の本

猫が見ていた

猫が見ていた

6cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218c

Pinoco

2015/6末

猫題材の本は手が伸びてしまうよね。 猫が少し離れた位置にいたり、近い位置にいたり、と完全に猫が主役というわけでもなく、猫の位置関係がそれぞれの作者によって違い、面白かった。 「吾輩も猫である」とは逆である。 2018.5

約2か月前

Ef87a4ac 97e6 4161 a5bd fc9cd6bb67eaF1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113F4facb9f 224a 4de9 b265 4be5da1fd6b6 16
凶犬の眼

凶犬の眼

840af13a 7572 4368 82d4 67845dac04e0

Bighead

趣味:読書、バス釣り

狐狼の血の続編。 史上最大の暴力団抗争と呼ばれる『山一抗争』がモデルとなっており、日岡と兄弟分になった国光(元一和会常任理事の石川裕雄がモデル)の男気が凄くかっこいい。実際に今でも石川裕雄は旭川刑務所に収監されていて、キャラクターもほとんど同じ男気のある人である。どんどんガミさんのようになってくる日岡が頼もしい。 一気読みだった。第3弾が待ち遠しい・・・

3か月前

B8836f8e 8779 47c5 bc73 eeba65ece6eeIcon user placeholder
合理的にあり得ない 上水流涼子の解明

合理的にあり得ない 上水流涼子の解明

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

「殺し」と「障害」以外、引き受けます。元美人弁護士とIQ140のアシスタントが、ありえない依頼に知略を巡らし解決に導きます。クールでキャラダチしてて面白かったです。ドラマにしたらどうかな?

約1年前