51m5a42argl

ものごとを正しく見るだけでは面白くない。錯覚から想像力、創造力がひろがっていくこともある。見ることの不思議から始まって、目玉のもつ秘密に迫る一冊。 続き

コメント

目は鱗がたまりやすいんですよねえ。と、いうような話。

読者

39adb4b7 b773 4426 8516 b2265b16f8b0

赤瀬川原平の本

よみもの無目的

よみもの無目的

2e879b8e 9c34 4e40 beae 7f7b9120a15c

shosai_

読了 積読 ほか

無に意味を持たせることの意味こそ無意味 何気なくとった写真のすべてに意味がある あなたのカメラロールはどう?

8か月前

赤瀬川原平の今月のタイトルマッチ

赤瀬川原平の今月のタイトルマッチ

17d8a33a d031 4cfd b471 4f74fb4a3af9

Komagataya

主に理工系かなぁ

赤瀬川さんは、毎月3冊分、タイトルだけで見て、1冊あたり200字程度の文章を書く、という連載を資生堂が発行していた花椿に掲載していた。その連載の1997年1月から2000年4月に掲載したものをまとめたのが本書。ちなみに何でちゃんとした書評ではなく、タイトルだけなのかというと、本書の冒頭で、赤瀬川さんは厚い本を最後まで読み切るのが苦手、ということが書かれていて、それを逆手に取った企画ということでした。

1年前