61k1twhstkl

コメント

この本の主人公とその友人に、同じ女だからこそ共感できる部分も、嫌悪してしまう面もあります。でもそれは、本人からしたらさして気にもとめない些細なことで、他人からするととても重大なことであったりもする。「友情」を描いた2部からは、一気に物語の色がかわりました!女って怖い!!

その他のコメント

タイトルの通り激しい恋と深すぎる友情のお話。
どちらも呪いのように感じました。
冒頭のシーンに着地すると思いきや……(おっと、これ以上はネタバレか……笑)

人間って、特に女ってどうしても、比較によって人との距離感とか序列とかをはかってしまう。人と比べなくて良いほど絶対的に自分を認めてあげられていたり、他人に執着しなかったりって、羨ましいけどきっと不可能だ。

読者

Deb76fc3 4c9a 4fff 9a6f 6d755dd87fa66cd227dc 4993 4c94 90fd 1e6b820d9745F6a4cb47 f782 4267 a852 5047a594aa199dd436c4 5eb2 4b25 8d98 37bdea7e1e4cA7c28a86 8f38 4505 a5b1 0290d15f3b57C16ab514 e8b2 4bae 9fdd 09affeb3aee9Ecbb725c 698c 4995 9709 570c4885e61664081438 7136 4ce9 9620 8f9d4f403bb7 35人

辻村深月の本

51wthg3jaul
Deb76fc3 4c9a 4fff 9a6f 6d755dd87fa6

Ray

Hairdresser in

装飾的な表紙と”一気読み必至の著者最高傑作”と銘打った帯に惹かれ購入。 これまで辻村作品は何冊か拝読してきて新作ということに興味もあった。 読むものの心を掴み最後まで離さないストーリー性と世界観、読み終えたら温かい感動に包まれ読んでよかったとそう思えた一作であった。 私自身も中学時代に物語の主人公こころと同じような辛い経験をしてきたため最初から共感する部分が多く、中学時代にこころたちのようにかがみの奥の城に私も行けていたら... 何故か必然とそう思い羨ましくも思えた。 確かに一気読み必至。私も一晩で読了した。 だがゆっくり一章づつ、まるで主人公と自身を重ね合わせるように読むと、よりラストの感動を味わえるのではないかとも思う。 ぜひかがみの孤城の世界を体験してみてください✨

4日前

Ecbb725c 698c 4995 9709 570c4885e61638e6da79 d16f 446c 84d6 13b9464b18239de8a6e9 8ead 4e7a 9fd1 811a28cd3db9 12
61mltrrdpbl
54e11356 2adb 4d1d 901d 4c6426d913b3

To

女性

小説のキャラクターに好感度を抱く必要性はないけど、どのキャラクターも好きになれなかった。気持ち悪いなと感じるひとたちで誰とも友達にはなれない(笑)唯一共感できるのはみなみ。とくに「こんな時に自分のコンプレックスの話って必要?」このセリフ。みなみはある程度の人生経験をつんで他人に興味が持てる人。るりえのコンプレックスへの執着は凄まじいものがあり、みなみを無神経というが自分にしか興味がないるりえが気持ち悪くて仕方ない。 みんな承認欲求の塊で自意識過剰すぎる。 高校生や大学生ならまだしもさすがに結婚する年齢の頃には他人など自分にほぼ興味がなく、興味があるように見えるのは他人を鏡とした自分だけ(つまり、るりえにとってはらんか、らんかにとってはほしちか?漢字忘れた)、ということに気づかないとやばいなと思える反面教師的な小説(笑) まあたしかに盲目的な恋と友情ですな・・・ みなみのように生きなきゃなと思える小説でした(笑)

4か月前

6afd9e7b 40a8 4dc6 a6d8 b5e06bc373398f997df3 7220 420d 8e33 ee2e48d5a7faBf4e2ee2 617d 4a6a a4b6 639432801b62 20
51aaipzrkyl
97f26bce 7987 4287 a2d2 755d5ad53dbc

miffy

高校生

すごくすごく好きな作品。 こういう一つのことをめぐるいろんな人の視点がわかる小説が大好き。しかも綺麗に時系列。 ああ~、今すぐ読み返したい。 お気に入りは鞠香と妃美佳と映一さん。 2017-01-19

4か月前

412123e2 c4e2 4846 927b 6b68548f58f4B9dc7b31 ba38 4577 a50e 4c532d4f94c8Bb77a203 38d7 401d 989e 526a34e1cf3d
51a6hk0pagl
5990e043 d2f8 455a 9a5f 8b64446df5b9

fenice

読書は脳への栄養♪ 小説を書いて…

「時」というのは不可逆的であるからこそ、長く時間を経てしっかりとした重みを持つのだと思う。 流れる時間は、流れているときには強く意識することがない。振り返ったときではもう遅い。そうした当たり前のことは意外と気づきにくい。

8か月前

B44fe3cf 0581 4568 9cc3 7fd84a5f8243C26b3457 dbc4 4d2f 9b54 9c437958d89e71b5c952 1be0 4f69 ad05 129c1f71b1d5