41mzce4fo1l

一人の殺し屋が、前の月に殴り殺した男の幽霊に出くわす話。一人のチンピラが、空中浮揚できることを発見し、大騒ぎとなる話。一人の警官が、張り込みに飽きて、自分... 続き

コメント

柴田元幸さんの翻訳、というだけで手にとってみた。作者は南アフリカ出身の少し尖った感じの作家。別の作品を読んだことがあるがショートショートというか短いものだと1ページ、長くても5ページ程度の作品が特徴的な作家。本作品はタイトルそのままでノワールというか暗黒街の面々を主なテーマにしたショートショートが47編。リアルな物語というよりもどちらかというと幻想的な作風かと。個人的にはファンタジーが苦手なのでいまいち乗れなかったけども…面白い作品だったとは思う。

読者

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

文芸

GO

GO

B4afb615 d2df 4e2e 8c2a e5af57153fbe

JKです

大好きな小説のひとつ。映画もいいけどやっぱりコレ。

約6時間前

Efa81d9c 8eb9 4a44 b075 7a51dee0d5d9Db067422 32df 448b 944e 3ea35eb3ade79d58de1b b527 49fe 9838 e24d6f5ecdbf
硝子の魔術師

硝子の魔術師

B605ce13 5449 414b 9e26 419cc8fff1e7

ねこのすず箱

主にミステリを読んでいます

恋愛小説。あのじりじりとした探り合いの感覚、覚えがあります。しかし今回のシオニーの行動は懸命とは言えない。私事で恐縮ですが、主人公が反抗期になって読むのをやめた某シリーズを彷彿。一巻でも薄々思っていたけど、どうして女の子が主人公だと色恋沙汰が中心になるんだろう?

約8時間前

76be9bd8 f9d5 4972 a8f2 c8ed2532d9ab921ace39 5704 46db bb90 a5e7d4ea4a4c