41mzce4fo1l

一人の殺し屋が、前の月に殴り殺した男の幽霊に出くわす話。一人のチンピラが、空中浮揚できることを発見し、大騒ぎとなる話。一人の警官が、張り込みに飽きて、自分... 続き

コメント

柴田元幸さんの翻訳、というだけで手にとってみた。作者は南アフリカ出身の少し尖った感じの作家。別の作品を読んだことがあるがショートショートというか短いものだと1ページ、長くても5ページ程度の作品が特徴的な作家。本作品はタイトルそのままでノワールというか暗黒街の面々を主なテーマにしたショートショートが47編。リアルな物語というよりもどちらかというと幻想的な作風かと。個人的にはファンタジーが苦手なのでいまいち乗れなかったけども…面白い作品だったとは思う。

読者

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

文芸

恋虫

恋虫

Fbd75f5b fb47 4945 abff 8028535db92e

ミナト

学生です

『恋虫』に感染した人は駆除される。 その特徴はピンク色の痣。 「恋」を題材にしてはいますが、複雑な恋愛模様が繰り広げられるとかではありません。いつの間にか恋に落ちているあの感覚が、一途に綺麗に描かれていました。 2週目。静かな夜に、ゆっくりと読みました。 読み終えたあとにやさしい切なさを残す、そんな一冊です。

約6時間前

国宝 (下) 花道篇

国宝 (下) 花道篇

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

全てを捧げるということは、全てなんだろう。だんだん喜久雄に形が無くなっていくようだった。 芝居にかける情熱は、赤く燃え上がり、青くかがやき、白く発光していく。 演台で語る語り部の長い話を聞き終えた気分だ。 最後にチョン!と拍子木が聞こえた。拍手は三代目に。

約8時間前

Ecc9c7f3 65a4 449d 977a 76162a9b47942c7056ac 418a 49d4 bb19 db6aab51bb2b