41mzce4fo1l

一人の殺し屋が、前の月に殴り殺した男の幽霊に出くわす話。一人のチンピラが、空中浮揚できることを発見し、大騒ぎとなる話。一人の警官が、張り込みに飽きて、自分... 続き

コメント

柴田元幸さんの翻訳、というだけで手にとってみた。作者は南アフリカ出身の少し尖った感じの作家。別の作品を読んだことがあるがショートショートというか短いものだと1ページ、長くても5ページ程度の作品が特徴的な作家。本作品はタイトルそのままでノワールというか暗黒街の面々を主なテーマにしたショートショートが47編。リアルな物語というよりもどちらかというと幻想的な作風かと。個人的にはファンタジーが苦手なのでいまいち乗れなかったけども…面白い作品だったとは思う。

読者

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

文芸

鬼憑き十兵衛

鬼憑き十兵衛

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

エンターテイメントでした。人外との関わりと人間としての尊厳を描いています。人斬りなのに、純粋な「十兵衛」。鬼なのに、気が荒くない「大悲」。 キャラクターが濃くて読みやすかったです。

約4時間前

あずかりやさん 彼女の青い鳥

あずかりやさん 彼女の青い鳥

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

あずかりやさんシリーズ第三弾。 盲目の店主桐島青年も 早くも30に手が届く年齢に。 早くお嫁さんをもらってほしい。 今回のお客様は? モノ達が語る静かな日々。

約16時間前

今日のハチミツ、あしたの私

今日のハチミツ、あしたの私

9b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935d

もちもち

食べ過ぎ、飲み過ぎ、読み過ぎ注意…

2年間同棲した安西に連れていかれた故郷で彼の父親に結婚を反対された碧。 彼女は、中学生の頃に偶然出会ったハチミツを手掛かりに、頼る人もいない場所で自分の居場所を求めて孤軍奮闘する。 食べ物をテーマにした小説はどれも好きだ。 登場人物が何かしら食べていてくれると、心底安心して先を読むことができる。 拒食症に悩んだ碧の、どんな時も自分と、そして目の前の人にちゃんとしたものを作って食べさせようとする姿勢に共感を覚えた。 蜜蜂たちが懸命に集めた金色の恵みが、人間の寂しさや悲しみを癒す薬になる。 それは人間の毎日が、小さな自然の恵みによって支えられていることを再認識させてくれる。

約20時間前

4bb0d6f4 8f25 4bb3 ae15 48abac5771fd66840c0d e215 4d42 9e76 2e39cb92489cBd3f1c37 f049 4a4a af4d 35748b1db2b2 26