51odia5qwkl

都会の片隅に真夜中にだけ開く不思議なパン屋さんがあった。オーナーの暮林、パン職人の弘基、居候女子高生の希実は、可愛いお客様による焼きたてパン万引事件に端を... 続き

コメント

これ読んでパン屋に就職するか本気で悩みました。
美味しい楽しいパン屋物語。香ばしく焼けた小麦の香りが漂ってお腹が減っちゃう。
パンは誰にでも平等に優しいく美味しくふっくらな幸せを運んでくれる。

大人コミックな感じで軽く読めました。
内容は実はシリアスなんだけど、重くない。登場人物も皆んな絵になるー。
お風呂の中で気軽に読みました。
といいながら、ホロリと泣いたりしてよかったです。

真夜中に営業するパン屋さん。そこを訪れる様々な人々が、美味しいパンや人との関わりを通じて、前を向いて歩き出していく物語。
登場人物の多くが切ないバックグラウンドを持っているけれど、各話を読み終わった後は温かい気持ちになれる。パンと、人間への愛が感じられる一冊。

「おいしいパンはどこの誰にとっても美味しい平等な食べ物」
「子供をお腹いっぱいにするのは全大人の務め」
といった言葉も好き。

夜11時から朝5時まで営業する、文字通り真夜中のパン屋さん。
焼きたてパンの香りが漂ってきそうな、ほっこりする物語です。

少しだけ、ジャムおじさんを思い出しました。おいしいパンはみんなの見方。

早く続きを読みたい‼︎

内容もキャラクターもみんな好き
すごくパンが食べたくなる
優しくてぐさっとくる話

美味しいパンを食べながら何度でもサクッと読める素敵な一冊。心の底に優しさを持った個性的なキャラが魅力的でひきこまれる。
なかなかキツい環境設定なのに説教くさくなくて雰囲気が柔らかいのも魅力。

ほっこり身近な人情話を扱うハートウォーミングストーリーかなと思ったら、できたてのほんわかパンというより、形が不揃いだけど味わい深いデニッシュって感じ。
小さくて確かな幸せが、にわか家族にあった。
後半の章はちょっと説明的。一冊で終了を見越し区切りをつけたかったのか。
見ると、シリーズ化されているようなので、もう少し小出しにしても良かったかも。

読者

2e48e20c 1fa1 4c24 a1b0 f9c1524194e0F30702c2 c2ec 4324 aa95 b2d703c94d4e83a09d17 d124 42f2 9233 dc50b79e6e6c5c50f524 f6b7 412a b19b e458d59db9fd33d1a7c3 2893 4250 97a7 7eccb3786902F7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cac607f134e fad1 40e8 885b ab9956c456230fe26894 0f40 4293 be12 ce16d0cee15b 29人

大沼紀子の本

真夜中のパン屋さん 午前5時の朝告鳥

真夜中のパン屋さん 午前5時の朝告鳥

607f134e fad1 40e8 885b ab9956c45623

千魚

2018,8,30開始

5年後のお話し。前巻までが本編で、この巻は「番外編」という感じがした。このシリーズに関しては、どんでん返しのない終わりで嬉しい。優しい気持ちをくれた本。みんな幸せになって欲しいと思った。

6か月前

真夜中のパン屋さん 午前3時の眠り姫

真夜中のパン屋さん 午前3時の眠り姫

607f134e fad1 40e8 885b ab9956c45623

千魚

2018,8,30開始

誰目線で読むかで世界が変わってみえるのは、やっぱりそれだけキャラがたっているから……?セリフが文に混ざっているからテンポ良く読めるものの、どこまでが口に出ていて、どこまでが心の声なのかわかりづらいのがちょっとネック。

8か月前

5c74e92a e061 464d 8727 474760c2e12b2d1e8bcb 860c 4a49 b1d8 ea9deb2a3c9d9ee3c1b5 8d22 46ed 89fc e25993a46b66