61cgl2f2i9l

発行元から

五ツ木守男は自殺のために準備万端、毒入りステーキを用意した。いざ!その前にトイレ……戻ると、なんと食いしん坊の国務大臣がステーキを頬張っているではないか!慌てた守男は四階から転落死。現場に駆け付けた四道警部は、真赤な犬を見たという女中の証言が気になっていた――そんな犬、存在する?さらに雪山で扼殺死体まで見つかってさあ大変!ハイカラで流麗な本格ミステリ復刊。(解説:千街晶之)

文芸

ファーストラヴ

ファーストラヴ

B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5

なかむう

小説が好き。

島本さんの小説は、男性に読んでみて欲しい。 普段、自然にしている事、またはされている事が実は…っていうことに気付かされてしまう。

約3時間前

海より深く

海より深く

F78266a2 b0d7 492e 9a81 9919899a2195

M*Y

中盤から面白くなってくる。 全体的には悲しい場面が多い。最後まで読んでも主人公がどういう選択をするのかわからないままなのが残念。

約6時間前

線は、僕を描く

線は、僕を描く

95c5dc1d 78cd 4615 9fe6 73155bd1343a

pon

蜜蜂と遠雷が音楽界の話だとすれば、こちらは美術界の話。墨絵界の第一人者に見いだされた主人公が、墨絵を通して自分と向き合いながら、人生を歩み始める、、。定石通りのストーリーだが、まるで自分も同じ学生仲間であるかのように感じ、一緒にキャンパスを歩いているように感じる。ラストがコンパクトにもとまってしまったように感じた。もう少しページがあれば、もっと踏み込めたのか?

約17時間前

Ef861b1a a3b8 4ad3 9303 1426eb76443dF6a755a4 a5e5 4336 a980 265e3b57990aD7991cd9 530f 4ed5 9bd2 32421df157fe 20