41s7ivmsz2l

コメント

「歩いていると、ついてくるものがあった」12年前に夫が失踪した京は日記に残された真鶴という言葉を頼りに東京と真鶴を往復します。ついてくるものとはなにか?不穏な空気が漂ってくる不思議な話。

ときどき、生きていることに飽いたのね。女はそっけなく答える。朝から晩まであくせく働いて、あくせくしていることにも気づかないで、自分が何によろこぶのかも知らず。ひとの心の奥を感じることもなく、自分に心の奥があることにも気づかず、ただ時間を過ごしていた、そのことに、飽いたのね。(141)

どのページからも伝わる「この小説、只者ではない」感。
針の上を歩くようにそっと注意して読んだ。

深ーいところまで連れて行かれる感覚

不思議な文章
意味がわからない感じが逆にリアルで、怖いような辛いような、幸せな気もする。主人公の心が苦しくて痛くて逃げ出したくなる。
生きることは苦しさと幸福感の背中合わせ

読者

501e898f 77e5 420e b4d4 90b1735ab32bC6babf18 4a1d 4470 91fe 0ebd639a94d000262ceb e827 42de bd86 ac14d320258542caa8a2 9df5 4e10 8400 3ef147c93a3e8ae69db1 c5c3 4ec9 8044 493df6726218Picture3add3473 1316 4920 955c c6f14b052dcbFab08fed 8d96 4d84 a603 9102362de160 15人

川上弘美の本

センセイの鞄

センセイの鞄

C03ba3cc a965 4760 9953 8a0907da112b

tomomi

からだの本、科学の本、随筆、小説…

センセイと月子さんの距離感がとても好きだ。 あたたかくて優しいけど心をすごく揺さぶられた。

17日前

151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241Picture53faee56 087c 4df2 bf35 2817db8d08e2 8
森へ行きましょう

森へ行きましょう

Ad3ae76a 3b67 463f 9b48 b1a8fc937383

nantran_

音楽と書店とインターネットがすき…

読みごたえがありました。こちらの世界からあちらの世界を読ませる川上弘美2017だった。

5か月前

1e80f26e 82b1 4c26 9224 d05d63c6afad79651acf 4aa2 427c af16 61cd849368c87e4f6841 2bd6 4a4a a7e4 4f1cd15e4e5d 13
〆切本2

〆切本2

C779f4d6 6d86 4cd1 807e 98e65ce8e488

tvdinner78

趣味はドリアン。

まさかの第2弾! 表紙・見返しに掲載されてるパンチラインは健在。

9か月前

5dea9ea7 3b46 460b b509 8ca9f558f7d2Icon user placeholder014253d4 6080 4951 9119 24735184a696 9