Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
41s7ivmsz2l

コメント

どのページからも伝わる「この小説、只者ではない」感。
針の上を歩くようにそっと注意して読んだ。

その他のコメント

「歩いていると、ついてくるものがあった」12年前に夫が失踪した京は日記に残された真鶴という言葉を頼りに東京と真鶴を往復します。ついてくるものとはなにか?不穏な空気が漂ってくる不思議な話。

ときどき、生きていることに飽いたのね。女はそっけなく答える。朝から晩まであくせく働いて、あくせくしていることにも気づかないで、自分が何によろこぶのかも知らず。ひとの心の奥を感じることもなく、自分に心の奥があることにも気づかず、ただ時間を過ごしていた、そのことに、飽いたのね。(141)

読者

C6babf18 4a1d 4470 91fe 0ebd639a94d000262ceb e827 42de bd86 ac14d320258542caa8a2 9df5 4e10 8400 3ef147c93a3e8ae69db1 c5c3 4ec9 8044 493df6726218Picture3add3473 1316 4920 955c c6f14b052dcbFab08fed 8d96 4d84 a603 9102362de160E5da17a8 7f6f 413d 99e1 f29cfb243237 14人

川上弘美の本

〆切本2

〆切本2

C779f4d6 6d86 4cd1 807e 98e65ce8e488

tvdinner78

趣味はドリアン。

まさかの第2弾! 表紙・見返しに掲載されてるパンチラインは健在。

3か月前

1d9ec1ac 5b2a 468a a812 e13c9dc1682794d26871 82b8 4abb 850c 8c522b6799a308634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c
ぼくの死体をよろしくたのむ

ぼくの死体をよろしくたのむ

C64ee4ab c710 4fea a859 9a826a78947b

Eiji Kobayashi

こヴィ。編集者・ライター

初出を見ると、2013-15年に書かれた「クウネル」の連載(大半はこれ)より、その他の2016年以降に書かれたいくつかの短編は、似ているようで、明らかに違う。これが単に媒体によるものなのか、作者の中で2016年に大きな転換があったのか、知りたい。

8か月前

151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241F1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad1131525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4 21