41s7ivmsz2l

コメント

どのページからも伝わる「この小説、只者ではない」感。
針の上を歩くようにそっと注意して読んだ。

その他のコメント

「歩いていると、ついてくるものがあった」12年前に夫が失踪した京は日記に残された真鶴という言葉を頼りに東京と真鶴を往復します。ついてくるものとはなにか?不穏な空気が漂ってくる不思議な話。

ときどき、生きていることに飽いたのね。女はそっけなく答える。朝から晩まであくせく働いて、あくせくしていることにも気づかないで、自分が何によろこぶのかも知らず。ひとの心の奥を感じることもなく、自分に心の奥があることにも気づかず、ただ時間を過ごしていた、そのことに、飽いたのね。(141)

読者

501e898f 77e5 420e b4d4 90b1735ab32bC6babf18 4a1d 4470 91fe 0ebd639a94d000262ceb e827 42de bd86 ac14d320258542caa8a2 9df5 4e10 8400 3ef147c93a3e8ae69db1 c5c3 4ec9 8044 493df6726218Picture3add3473 1316 4920 955c c6f14b052dcbFab08fed 8d96 4d84 a603 9102362de160 15人

川上弘美の本

センセイの鞄

センセイの鞄

C03ba3cc a965 4760 9953 8a0907da112b

tomomi

からだの本、科学の本、随筆、小説…

センセイと月子さんの距離感がとても好きだ。 あたたかくて優しいけど心をすごく揺さぶられた。

6か月前

Ac547423 9cab 40b9 ae31 b05c9c0f480e97a324dc 0c61 4901 b94b c33e24c3f351A2d81435 82ae 494a b8ee 0f3f22000fed 15
森へ行きましょう

森へ行きましょう

Ad3ae76a 3b67 463f 9b48 b1a8fc937383

nantran_

音楽と書店とインターネットがすき…

読みごたえがありました。こちらの世界からあちらの世界を読ませる川上弘美2017だった。

10か月前

D3e4c275 4ddb 4e6d 82d6 df5fe724e79eA04cdf48 6346 4287 9a90 2a344e09674348909f13 5e9b 4772 8e48 1168c29c8e91 17