51v ce9kdjl

出会いは運命だった。17も年下の彼に、こんなにも惹かれてゆく-。孤高の魂を持つ、版画家の咲世子。人生の後半に訪れた素樹との恋は、大人の彼女を、無防備で傷つ... 続き

コメント

君の恋のリハビリに。なんて、そんな切ないこと言わないで。と、思わず言いたくなる、しなやかな女性の恋のお話。

リアルな描写に、気持ち悪くなった、なんて青臭いことを言った男の子がいて、わらっちゃった
いいも悪いもなく、私は好き

女性の心の動きがこんなにもリアルに描ける石田衣良さんに拍手です。どの登場人物も魅力的で引き込まれました。

大人の女性と青年の組み合わせがとても素敵だった。アーティスト同士の会話がたくさんあるところが好きです。

読者

67e5c65e ab6a 44ca ba02 89653d9b008b654dfb0f 113b 4357 9568 4a5b548f56e348138974 905c 47b9 a3e9 30ba763f7e1e5f1d91b0 37f2 4165 88f3 4e364fd9f1eeB453d0fd a3cc 4b84 a1cf 02beca2e2e2d1a658a23 2c15 4578 bab5 fdc8f60c660675de29a1 81a0 43b9 922f 967f390c74d61c359049 a500 4662 bbee 493d7b2e234c 10人

石田衣良の本

爽年

爽年

40f66a27 01a4 4b46 9365 4295a2f16609

ほんのむし

2018年66冊目。‘なぜこれほど切なく透明なのだろう’ っていう、石田さんのコメントで、なんだか読む前からドキドキした!何度も読み返し続けるくらいすきな作品だったし、まずは続編、単純にうれしい。リョウくんたちの、今が知れた。お金による関係といってしまえばそれまでだけど、こんなにも慈しんで貰えたら、それに伴う関係になれる気がする。秘密の共有、っていう響き、すき。/ 20180411

3か月前

Icon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholder 11
約束

約束

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

「絶対泣ける」なんて、陳腐な言葉でくくって欲しくない作品。 人生は時に悲しくて、理不尽な事がある。その大きな波に飲み込まれた人達が、泥沼の中で光を見つけ、もがいても一歩を踏み出していこうとする短編集。いろんな意味の「約束」が、人間の強さと、不思議を生んで行きます。作者のあとがきが心に染みました。

5か月前

西一番街ブラックバイト 池袋ウエストゲートパークXII

西一番街ブラックバイト 池袋ウエストゲートパークXII

35b888f7 1e65 4982 ba27 1839a5ebe438

mou

ブログ的感覚で、読んだ本の感想を…

(ちょい「ネタバレあり?」の感想です) 先日、石田衣良さんの「池袋ウエストゲートパークⅫ 西一番街ブラックバイト」を読みました。 安定のシリーズ作といった感じでした。 しかし、全話とも、タカシとGボーイズが絡んでくる話で、「マコトに依頼が来る(もしくは、タカシから依頼が来て、事件に少し触れる)→タカシに連絡をとる→Gボーイズが協力する→事件解決」と、大体そういった感じで、「あれ?「池袋ウエストゲートパーク」の事件を解決する流れって、こんなにワン・パターンだったっけ?」と思ったりしました・・・。 過去作は、事件を解決する流れが、もっといろんなパターンがあったような気がするんですけど・・・(僕の記憶違いかもしれませんが・・・)。

7か月前

C86daa0f 5ca1 4297 a406 ca3ed905d46c4e07ff7e ee03 4f33 b077 dabc26cee278Ad9cce0f 7d05 4a59 961c bf7d1854fee1