51db18pyc2l

福島第一原発の事故後、情報が錯綜する中で、ただ事実を分析し、発信し続けた物理学者・早野龍五。以来、学校給食の陰膳(かげぜん)調査や子どもたちの内部被ばく測... 続き

コメント

優しい人が書いた本だということが、わかる。ドライに判断しないといけないことだったとしても、語る側に愛があるかないかは大きい。

糸井さんの言葉は優しい。

その他のコメント

これまで興味のなかった場所、難しすぎて足を踏み入れなかった場所へ、糸井さんはいつもわかりやすい言葉で案内してくれる。

あの震災から、誰もが心のどこかで不安に思っている放射線のことを、
早野さんと時に真剣に、時にユーモラスに伝えてくれる。

ただ「ダメだ!」と叫ぶだけじゃなく、「正しく怖がること」を教えてくれる一冊です。

色んな人に読んでみてほしい。

読者

99c25eee 3ac7 4f25 9c08 197fc3bd64306c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c9Icon user placeholder9ac8932c 8680 4ce3 81ac b2820f90912cCd9f5084 b66f 40aa 81f0 7f14cd4b9903306c3e3b 8709 41b3 a6df 00e97f2139088c2edbaf 970b 4af3 92c3 d60fd68dbe01946e134f 61a4 45f7 bb27 63959f634375 29人

文庫

アムリタ

アムリタ

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

大学の映画サークルでの一幕。 天才が天才故の倫理観で無双する話。これ、ネタバレなしで感想書くの難しいね。 天才ならではの描写は、そこはかとなく、森センセの真賀田四季を連想させられる。 新装版出たけど、中身はどれくらい違うんだろう。

5日前

E524c3c4 c31b 442b b205 216ab74917798bd418a8 d4e9 4159 9418 0a9a5950206e1852c7f9 c8a3 4c55 bfe9 81a2fc5cd664 10
無人島に生きる十六人

無人島に生きる十六人

F58430f1 de0e 47fc af25 b336342c4be9

yuji

30代

レビューで知ったが実話とはすごい 明治時代の勤勉で何事も一生懸命な日本人達の遭難した話 日本人がみんなこんなだったら本当に日本はすごい国になるだろうと思う

5日前

E749421d ae14 439a b62a 1f895b073eabB07d5f9b 9d10 4fca 86b0 7d27ef416947D6fe5dc5 0d13 4f56 bf1c dc3743379840 8