51zeuofg rl

砂丘へ昆虫採集に出かけた男が、砂穴の底に埋もれていく一軒家に閉じ込められる。考えつく限りの方法で脱出を試みる男。家を守るために、男を穴の中にひきとめておこ... 続き

コメント

汗に纏わりつく、潮気を含んだ砂の感触……女のねっとりとした色気……臭いまで伝わってくる、物凄い生々しさ。それでいて物語全体を包むのは、シュルレアリスム的な安部公房らしい雰囲気。
素晴らしいです。

その他のコメント

砂で今にも埋まりそうな村に閉じ込められてしまった男。
外部の目の届かないど田舎の村って、今でもこんな因習が残ってそうな、都市伝説的な怖さがある。
あり得ないような状況なのに、読んでいる内にぐいぐい物語に惹き込まれる。とにかく面白い。

読んだら気分が悪くなって次の日学校休んだっていう、思い出のずる休みな一冊。

読者

7e3a8640 79da 4cfd 9669 cb53f651085fIcon user placeholderF2af5b1e 0183 4108 a5d5 04865d6a869624a8bcb7 2020 4a2b 8cbb c346bd1b26a3Eed2419f 2b1b 46e7 a20a 7a322cb7e9dc8a9d07e8 262e 4104 a224 e74b72dcc96fIcon user placeholder454e4e42 58da 45f3 b6c9 30eff85efb90 120人

安部公房の本

飢餓同盟

飢餓同盟

Picture

渡辺洋介

神田村経由専門書版元

かつての温泉街花園を舞台に土着の支配者とひもじいと称されるよそ者が結成したアナーキスト同盟たる「飢餓同盟」戦後民主主義を象徴する「読書会」3すくみのわちゃわちゃした対立を哀しくもどこかユーモラスに描く。 招致された医師である森が町につくも一向に病院にたどり着くことができない阿部公房的な不条理たらい回しぐるぐる地獄や人間をいかなる機械よりも精密な機械と化してしまう!ドイツ製の怪しげな薬「ヘクザン」の実験台となった地下探査技師織木、飢餓同盟員に対し「たとえばソロバンを盗んでこい、財務部長らしくなるために、明日までに割り算の九九をおぼえろ。電球を三つ盗んでこい。将来キャラメル工場の煙突塗り替えるために、毎日電柱にのぼる練習をしろ。姉さんの指紋をとってこい。電気コンロを盗んでこい。そして昨日は姉からヴァイオリンを盗んでこいというわけだ」P185と無茶ぶりをするリーダーの花井(ヒロポン中毒)等々奇妙奇天烈な登場人物が繰り広げる人間喜劇。

7か月前

53f91522 9875 41c9 bd49 3ca3d7d35832Ba04bdee fbaf 4a6e 9a67 cfa92b2b9671D4f58d88 cacc 444e 98ed e78a0362b8f0
飛ぶ男

飛ぶ男

931bc4b3 9cb5 48bb bed7 5c071e9c434a

スエヒロケイスケ

劇作家らしき仕事してるが物書きら…

再読。安部公房死後に見つかった未完成稿。まだ初稿とも呼べない、ラフスケッチのような状態なので、作品が出来上がる過程が見えて面白いです。

2年前