51zeuofg rl

砂丘へ昆虫採集に出かけた男が、砂穴の底に埋もれていく一軒家に閉じ込められる。考えつく限りの方法で脱出を試みる男。家を守るために、男を穴の中にひきとめておこ... 続き

コメント

おばあちゃんの家にあった本を、タイトルが気になって持って帰ってきた。(だから、カバーはもっと違うもの)
一体ここが何処だかわからない。砂と海辺と山もある隔離された村。閉鎖感が半端ない。常に砂が付きまとう心地悪さといったら!
そして、まさか!と思うほどあっけなく、砂の家に閉じ込められてしまう。理由なんてない。暴力的なシーンはそうないのに、このシチュエーションに暴力性を感じずにはいられない。
いきなり自由を奪われる男。そしてその男を必要とする女。二人の登場人物に名前はない。

最初はなんとか脱出しようともがきつつも、次第に環境に慣れ、最後には、、、。なんてことだ。怖い怖い怖い。こんなところにいたくないよー。泣

その他のコメント

砂で今にも埋まりそうな村に閉じ込められてしまった男。
外部の目の届かないど田舎の村って、今でもこんな因習が残ってそうな、都市伝説的な怖さがある。
あり得ないような状況なのに、読んでいる内にぐいぐい物語に惹き込まれる。とにかく面白い。

読んだら気分が悪くなって次の日学校休んだっていう、思い出のずる休みな一冊。

読者

E2ce9a7a a5b1 42a7 a678 755708c9baec085ff378 1f8e 4d55 a3b0 4b20de1871262fc8eb91 21fb 4f06 ad84 304282db8fbfC9416021 ddcd 4549 a615 2e95cc0f62acE749421d ae14 439a b62a 1f895b073eab9dc57912 f26e 4b70 9dcc 41d09802a04e7e3a8640 79da 4cfd 9669 cb53f651085fIcon user placeholder 126人

安部公房の本

飢餓同盟

飢餓同盟

Picture

渡辺洋介

神田村経由専門書版元

かつての温泉街花園を舞台に土着の支配者とひもじいと称されるよそ者が結成したアナーキスト同盟たる「飢餓同盟」戦後民主主義を象徴する「読書会」3すくみのわちゃわちゃした対立を哀しくもどこかユーモラスに描く。 招致された医師である森が町につくも一向に病院にたどり着くことができない阿部公房的な不条理たらい回しぐるぐる地獄や人間をいかなる機械よりも精密な機械と化してしまう!ドイツ製の怪しげな薬「ヘクザン」の実験台となった地下探査技師織木、飢餓同盟員に対し「たとえばソロバンを盗んでこい、財務部長らしくなるために、明日までに割り算の九九をおぼえろ。電球を三つ盗んでこい。将来キャラメル工場の煙突塗り替えるために、毎日電柱にのぼる練習をしろ。姉さんの指紋をとってこい。電気コンロを盗んでこい。そして昨日は姉からヴァイオリンを盗んでこいというわけだ」P185と無茶ぶりをするリーダーの花井(ヒロポン中毒)等々奇妙奇天烈な登場人物が繰り広げる人間喜劇。

9か月前

Icon user placeholderD46f6615 a04d 44c0 9ee1 e22aa60894ef53f91522 9875 41c9 bd49 3ca3d7d35832
飛ぶ男

飛ぶ男

931bc4b3 9cb5 48bb bed7 5c071e9c434a

スエヒロケイスケ

劇作家らしき仕事してるが物書きら…

再読。安部公房死後に見つかった未完成稿。まだ初稿とも呼べない、ラフスケッチのような状態なので、作品が出来上がる過程が見えて面白いです。

2年前