41t43drdcll

入学した大学で出会った5人の男女。ボウリング、合コン、麻雀、通り魔犯との遭遇、捨てられた犬の救出、超能力対決…。共に経験した出来事や事件が、互いの絆を深め... 続き

コメント

どんなけ勧められても麻雀をしたいとは思わなかったけど、この本を読んでめっちゃ麻雀をやってみたくなった。
ただそれは、あのメンバーだからそう思うのかなと。あのメンバーの中に自分も入りたかっただけなのかなと。
麻雀というか、あの空間が羨ましくなる、そんな気持ちになりました。

その他のコメント

大学入るちょっと前に読んで今でもずっと印象に残ってる作品。青春

人間にとって最高の贅沢は、人間関係における贅沢のことである。

ごもっともです。

再来月から砂漠へとむかう自分にとって、ビタミンになりうる作品。

読者

0970f3da 8bc1 4a63 b77a adf191cda81a439bcb89 305d 4229 8bd4 7c8a9644bbc1479a08e9 0b5b 47ee 9273 50ff4714520985b58bc1 b3fe 4e4e 929c 343e077d2c7b4f8e614f ec35 4985 9704 318bf3471b439df13e5e ee78 4222 a034 0046b24956e7Ef51d276 3015 4737 8abf 61f1f41be7e928e29977 f8a0 414b 83c7 1328b9f8e118 222人

伊坂幸太郎の本

フーガはユーガ

フーガはユーガ

Cf6018d7 d549 4d64 8864 8ea9214a4176

三才

メールを送るのが仕事です。

読み進めると、ああこの人はこういう話を描くんだった、とどんどん読むスピードは加速し物語に引き込まれる。乾いた暴力と後半の畳み掛ける展開、読ませる力すごい。 あとこの表紙がすごく好き。

3か月前

Icon user placeholderAaa44b68 d736 48b4 bc15 f33cf39d36cd1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4 151
首折り男のための協奏曲

首折り男のための協奏曲

Dd941b90 88b9 425c 9cca f8c6c38d532f

しつちょー。@書店員

かけだし書店員

最後に向かって、 バラバラだったものが収束するような物語ではないけれど、 1つ1つがしっかりおもしろい連作短編集でした。 途中、あまりのストーリーの完成度に脳みそがじんわぁ〜ってなりました。 めっちゃいい映画観たときみたいな。 無理矢理というか、 こじつけというか、 一見そんな風にも見えるんだけど、 全然そう感じさせないのが伊坂さんの文章力。 登場人物たちのセリフの書き方が映像的でいいなぁ。 「時空のねじれって、あると思うか?」

5か月前

174a14ff e2d6 49d5 844e c84dc2ef03575fa6f8e9 4c6e 40d1 85fa 284066c7a6cb1792bb40 369e 4f51 ae31 3725280c42c2 22