51qq%2bbysecl

その日、兄とあたしは、必死に山を登っていた。見つけたくない「あるもの」を見つけてしまうために。あたし=中学生の山田なぎさは、子供という境遇に絶望し、一刻も... 続き

コメント

ここまで綺麗で残酷な作品はなかなか出逢えないと思う

心が痛くなる というより、仕方ない どうにもならない、と思いながらも 強く美しいもの を私は見た。
何度も読みたくなる。

トラウマになりそうな本。
誰しもが自分のまわりの狭い世界で生き抜くことに精一杯で、その中で実弾を撃って強く在ろうとしていて、
藻屑も、なぎさも、友彦も。
みんな必死に生きて、撃っている。
それが実弾ではなくて、ロリポップだと、自分も、まわりも、分かっていたとしても。

子どもの頃、たしかに親や周りの大人がいないと、守ってもらわないと生きていけなかったあの時、嫌なことや逃げ出したいことがありながらも、安心して暮らせていたそんな子どもは実はそんなに多いわけじゃないのかもしれない。たまたまこういう内容だっただけか、作者が伝えたかったことなのかは、私の考え過ぎかもしれませんが、悲しくて、不思議で、辛いお話でした。

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけなかった。
けど、私の心には砂糖菓子の弾丸が撃ちぬかれた。

ミネラルウォーターを飲むたびに海野藻屑を思い出す。

好きな本なんだけど、よくわからないです。でもこの本に出てくるみんな、よくわからないままこの人生を一周するのかなと思いました。それはわたしも同じ事なんじゃないかな。すごく心が痛くなりました。

読み始めた瞬間から嫌な予感がした
そんな気持ちを抱えつつあっという間に読了。

たまにある、物語の筈なのに、どこかの現実を覗き見してしまったような痛みが残る。
自分では成す術のない、子供は選べない。
守ってくれるはずの家がこんな風な形にしかできなかったこと、そこに立ち入れなかった周りの大人達、身近で違和感を感じていたひとりの友達。
小説でよかった、という思いと同じくらい、毎日世界のどこかで起きているのかもしれないという怖さがある。
生き抜けば大人になれたのに、生き抜く気があったのか、
愛と憎しみの違いをわかっていたのかもしれない。
きっと時間が経っても思い出してしまう気がする。
すごく惹き込まれた。

角川から出してる桜庭さんの作品を初めて読みました。気になりつつも、ラノベ感?があるタイトルになかなか手が出せなかったからです。薄いし試しに読んでみるか、と思って手に取りました。じわじわ売れてる、っていうのが納得できるなぁ。じわじわと物語に心が侵食されて一気に読んでしまいました。冒頭からバッドエンドを想起させる作り。読んでてつらい。ポップなようで全然ポップじゃないです。すごく残酷なものを甘いものでコーティングした感じ。あり得ないようなストーリーの中にリアルな痛みを感じるのでこの世界が本当にすぐそこにあるような気がしてしまう。桜庭さんの中に登場人物が生きて動いているからなのかなと思います。桜庭さんのイメージが変わった作品。

元々ラノベだからか、登場人物の癖がちょっと…と苦手だけど、そんな事より内容がいいので、この方の小説をもっと読みたいと思った
言い回しとか、タイトルとか
いいなぁ〜

桜庭一樹はクセになる。藻屑のことは忘れない。ごくごくごくごく水を飲む少女の姿を、日常のふとした時に思い出し、せつなくなる。

中学時代に読了
当時の日常に対する閉塞感とか、そこから逃げたくても逃げられない無力感とか、そういうものに共感してた

大人になった今では目を背けたくなるような、何とも残酷で惨めな気持ちになる

主人公のクラスに自称人魚の女の子が転校してくるお話。
読み続けていくとかなり引き込まれ、ラストに驚かされます。

何回も読み返した。文章がとても魅力的で、内容を知っていても読み返したくなる小説だった。

むかし読んだのを思い出した。

"読み終わって、強い、張り裂けそうなほどの悲しみと、同時に浄化を体験"

まさに解説のとおり、だと思う。

生まれて初めて、タイトルに惹かれ、タイトルに胸が締め付けられた。

あまりにも心が痛い。

砂糖でできた弾丸では子供は世界と戦えない。

私が初めて読んだ桜庭一樹の作品であり最も好きな作品でもある。
深く文学を学びたいと感じさせてくれた私の高校生活の象徴ともいえる一冊。

タイトルに惹かれて古本屋さんで購入しました。
藻屑となぎさの会話のやりとりが好きです。

読むとタイトルの意味が分かる。ハッピーエンドではないけどバッドエンドでも無い。物語がスタートする部分で独特だなあ、と思った。想像以上に心をエグられる。

読者

5f14cdd5 64d7 4d4e 9861 4bf89921793fE5ae2a31 4d97 41e4 898f ec1e130973e9Icon user placeholderD1cd8f9e 706f 4f28 9e0d 97137f8f558cF2c86610 0a0a 40c8 8149 a56d8c94e8a637e4dd88 bdfb 48ea ab2c 08d9513175a4B44317f5 fee0 41dd 9ce3 48445584adf18feeacd0 5ab2 42b9 9cc8 465ad1817ca2 155人

桜庭一樹の本

少女には向かない職業

少女には向かない職業

7e6837c6 05cb 42f5 a06d 09e119c8c01c

いほり

たまに読む程度の人

作者が女性だからか、若い二人の少女の心情描写が丁寧。同性ならきっと惹き込まれると思う。 桜庭一樹お得意の暗くて陰鬱な話。 この独特な暗い雰囲気はクセになる。 最後のタイトル回収が秀逸。 最後の最後で、あー、彼女には向いてなかったのね、って思わせるラスト。 もう一人の彼女には向いていたのにね。

約2か月前

Icon user placeholderB44317f5 fee0 41dd 9ce3 48445584adf1
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない

9d91c8ca 7018 4e25 9bac c64b0644087d

漫画が好き

最後の結末が最初に書かれていて、その結末は逃れられずどうにかしようとしても絶望しかないという悲しい小説かなと。 でもなぜか読み進めていきたくなるジレンマがある!とても刺激的な作品です。

約2か月前

0d0a9844 b717 4e59 a9d7 bbd0cb57162e2d750ff3 eaf9 4b3f b302 9936a2c560a1C6edbd66 6290 41ee 8878 bbb93acf1d55
ほんとうの花を見せにきた

ほんとうの花を見せにきた

B28d8472 e447 4a77 ba3d b9897eb56eca

あなご

教育と心理の仕事。1987生

感動。桜庭一樹は思春期の葛藤描くのが圧倒的にうまい。そして今回はファンタジー!桜庭一樹は他の作家とは作品の毛色が全く違う。読んで桜庭一樹だとすぐわかる。ぐいっと心臓を鷲掴みされるような詩的な言葉。言葉の繰り返しはメロディーのよう。愛しくてたまらない人物たち。器用じゃ無いんだ、誰も彼も。生きていればいい、っていうメッセージが強く残る作品だった。

約2年前

E1bcb276 3ad6 4c8c 87fa 8e8b0e77dd5aIcon user placeholderFfe82d8f 2913 48e3 bfea 44de475c2b90 11
青年のための読書クラブ

青年のための読書クラブ

B28d8472 e447 4a77 ba3d b9897eb56eca

あなご

教育と心理の仕事。1987生

女子校×文学好きなら郷愁に襲われながらワクワクと楽しめる一冊。桜庭一樹は底知れぬほど本を読んでる作家だなあ。本と本を愛する読者への愛が感じられる。不覚にも最後のババア集合シーンに涙が…

約2年前

Bf67ba68 dfa3 430d 87c1 79ba16d7559eBe9ba90c cb1e 4933 9792 7cfdb77e187f57eabb89 2d80 46e0 bff4 461f4232e787