51qpcd7l4ll

コメント

破天荒だけどこんな人と一緒に仕事がしたい!と思いました!本からでも伝わってくる熱量が半端ない。奥野さんみたいになりたいなと。笑

どんなにピンチになっても、乗り越えてくる強さ、常に前を向いてるからこそ。すごく力をもらった本です!

読者

116ba7b3 6dd7 4d80 a256 d36d29a292a6Icon user placeholder5217a066 b6c9 4da0 a100 208dd2dcda11Icon user placeholderC4f7defb e271 4b31 8d2c 99f7f1b6880dD14c65f0 6335 4953 a3c1 bdc4eb3dabd86eb04914 40af 4519 b50f e23cb3e9a399Fa2524bc 2942 469e b5c1 6e96c640b5cb 23人

文芸

美しく呪われた人たち

美しく呪われた人たち

47e08e49 e5c0 4a11 90c6 db62baeca62a

inoue

Webエンジニア

最近出たフィッツジェラルドの第2長篇です。ちょうど百年ほど前のニューヨークを舞台にした、名門大学出の若者たちの華やかで頽廃的な恋愛の物語。財産や美貌が、やがて呪いともなるという、フィッツジェラルドならではの悲しきロマンス。

41分前

惜春

惜春

D3310f09 5cd9 4d11 b327 55e3f756cd29

田中 七緒

言葉が好きです。

人の心が描かれた作品だと感じました。 どこか、寂しくて どこか、悲しくて どこか、割り切れない 人間味みたいなものがにじみ出て。 胸が締め付けられる。 人が生きるって、簡単じゃないですね。

約9時間前

星の子

星の子

17ed66fb 8546 40b7 b184 a3d0d75925a2

ナオテン

30にして読書に目覚める。

この作品は似たような境遇の人からすると心に突き刺さるのではないかと思う。 主人公のこれから先の事を考えずにはいられない。 親は大切な子どもから大切な信仰へと変わりながらも、子どもから離れられない。 何かにすがらないと生きていけない。 そんな家庭で育つ人間はどんな未来が待っているのだろう。 何か衝撃のラストを期待して読んでいる自分がいた。そして、そういう展開を期待し、救いを求めながら読む自分がいた。 物語の最後は本当は現実の苦しむ家族の姿か?それとも絆と覚悟の家族の姿か。星に何を思ったのだろうか。3人の心は分からなかった。 ただ、星に願いをしている家族の姿を想像すると、様々な家庭の姿があること思った。誰もが少なからず、何かに救いを求める。それが、自分であったり、他人であったり。家族であったり。

約15時間前

80d5593d 19b1 49a9 8089 776340a0d15a9ed1a4f2 e954 4da6 a0fb 3f60b0027f1d80392701 d10b 469d a3ac 7c60c2d0493d 181