61zzberc11l

建武の新政で後醍醐天皇により十六歳の若さで陸奥守に任じられた北畠顕家は奥州に下向、政治機構を整え、住民を掌握し、見事な成果をあげた。また、足利尊氏の反逆に... 続き

コメント

若くして散った悲運の名将北畠顕家の活躍を綴った作品。後醍醐帝の命や足利尊氏の挙兵などにより翻弄され京と陸奥を二往復もしなければならなかった。一回目の陸奥から京への疾風のような移動の描写はスピード感に溢れている。尊氏が最も恐れた武将であった。

読者

F08b30b2 2a02 45ec 9a46 9d8e834c0d28

北方謙三の本

北方版三国志 全13巻

北方版三国志 全13巻

9862922f 9390 45fe 89dc 30d016f2d2b9

tak.wat

ワクワクがとまらないっす!

今まで読んだ三国志の中で一番面白かったなぁ。 登場人物ひとりひとりがとても魅力的に描かれてます。 この作中に出てくる呂布や張飛に惚れる人が続出すること間違いなし!か否かはアナタ次第です!

2か月前

Icon user placeholder9345ebe2 88d8 4554 a4b2 8993e5f52024