51dd6v4 kpl

断崖に閉ざされた海辺の村に古くから伝わる、海の怪と山の怪の話。その伝説をたどるように起こる連続殺人事件。どこかつじつまが合わないもどかしさのなかで、刀城言... 続き

コメント

刀城言耶シリーズを読んだ事がなかったのですが、違和感はなかったです。
まず村に伝わる怪談話を四話。怖かったです。
それからの、殺人事件です。
背景に怪談話があるものだから、想像力豊かになってしまって。。。
言耶の謎解きは変わった方法で、証拠を突きつけるタイプのものではありませんでした。
『水魑の如き沈むもの』がシリーズの中で有名のようなので読んでみようかと思っています。

ラストもポツリと、ゾッとします。

「超ホラー感覚ミステリー」て感じ。

読者

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

三津田信三の本

忌物堂鬼談

忌物堂鬼談

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

本当に怖い話は、因縁とか全く分からない話だそうです。確かに、そうですね。 中学三年生の由羽希に男前の天山天空という、明るい?戯けた?和尚が話す忌物の怪談話です。寺に逃げ込んだ由羽希を助けるべく、怪談話をするのですが、何がどうしてそうなんだかわからないままです。 由羽希が寺に逃げ込んだ訳を思い出した時。。。 背中が怖い。今日は髪を洗えません。(T . T)

12か月前

赫眼

赫眼

F305cac8 e136 4eea 9e0c ce6b9c1f47e9

風見鶏

好きなものを好きなように

ホラー短編集。 やっぱりよくわからないものに対する恐怖というのは強いなとおもいました。正体や意図が全く不明だからこそ怖いというか……。 表題作をイメージしているであろう表紙も怖いです。少女なんだか熟女なんだかわからない顔つきが不気味。 16.02.15

1年前

22f12ffc cd73 46f4 b484 2de14c579783E43f002e 1241 4977 aa1b cdbc58e2c6adFb52877a 830a 4090 a4e7 16cb08342a7a
誰かの家

誰かの家

F305cac8 e136 4eea 9e0c ce6b9c1f47e9

風見鶏

好きなものを好きなように

ホラー短編集です。 得体の知れないものに対する恐怖というのは、そのものが全くわからないからこそより一層怖いなと思いました。個人的には表題作、「誰かの家」が薄気味悪くて得体の知れないもので面白かったです。 16.02.15

1年前

生霊の如き重るもの

生霊の如き重るもの

F305cac8 e136 4eea 9e0c ce6b9c1f47e9

風見鶏

好きなものを好きなように

シリーズ短編集。短編はさらさらと読めていいですね。 長編よりも駆け足な雰囲気ですが、ぶつりと切れるが故に余韻が響きます。特に最後の一編、顔無はミステリーの皮を被ったホラーといった趣で好きでした。 シリーズ長編から見て昔の刀城が書かれているせいか、長編よりも若々しくて父親の名前を出されるとむきになってしまったりする、そんな青さが感じられました。 2015.11.17

約2年前

90460142 dee7 4b30 a9d1 55c9e2bf25fa2a83088e 4001 4404 9cb7 e5211615ac53