51ljtu5uial

「幸せ」ってなに?誰も知らないその答えが、ここに。大人気自己啓発ブロガーによる待望の初著書。人生の価値観がぐるりと変わる実用エンタメ小説。 続き

コメント

その他のコメント

スピリチュアルとか自己啓発にアレルギーのある人こそ読んでみると面白いのかも。ニワトリと卵な、パラドックスな話。読みやすいが、内容が内容だけに、ややこしい。

自己啓発本にありがちな押し付けがましさがあまりない。優しく愉快に紹介している。

読者

Ef51d276 3015 4737 8abf 61f1f41be7e955726567 d82a 4e2a 8834 03827f5e7724Bd3f1c37 f049 4a4a af4d 35748b1db2b2Cfbe46a2 0546 4a1d aea0 0888e9efbbcb9e5180a4 069c 49d9 a9d0 b81bd71d0ffaE8c3417c 6b82 4689 b9e4 fa0ecab6162eE8b2865c 78e4 492b 9967 712bb4cb6e1bAb6295bf d719 4320 8dd9 f7e95d97b290 40人

さとうみつろうの本

その名は、バシャール

その名は、バシャール

907a996d 9c7a 4e8c ac62 77c43e428217

野原海明/小説家

のはらみあ

あのバシャールにボケやギャグでつっこむさとうみつろう氏。バシャールの本がもともと好きで、さとうみつろう著書を初めて読んだ人は違和感を感じるに違いない。Amazonでも辛口評価が多いが、内容としては他のバシャール本に劣らないと思う。 「パラレルワールドは無数に存在するはずなのに、『2015年から地球は2つのレールに分かれて行き、徐々に行き来ができなくなる』とバシャールが言っているのはなぜか?」というところに切り込んでくれたのがありがたい。 いつもどおり、丁寧な語り口のバシャールと、やっぱりこちらもいつもどおり、ノリの軽いみつろう氏の会話は、噛み合っていないようでいて(ギャグとかすべってるし)、両者楽しんだ素敵な時間だったんじゃないだろうか。

約2年前