51y1bc03q l

複雑で奥が深い宗教や信仰心といった精神的な世界。なかでも日本では神の世界と仏の世界は互いに影響しながら共存してきた。本書では「御嶽」「龍神」「お百度参り」... 続き

コメント

この本、最高です。大人になった私がずっと不思議に思っていた謎を、この本がとても分かりやすく教えてくれました。言葉の使い方が間違っていなければ「目からうろこ」です。

読者

0cc7542b cbc6 4d51 8f41 e187082e66da

人文

哲学用語図鑑

哲学用語図鑑

222cb097 4f80 4b63 a36f e051845813d3

Sue

本と絵が好き

哲学のイントロダクションとしてとてもよい本だと思う。 学問としての哲学に縁がなくても、日々をどうやってより良く生きるか考えている現代人であれば、この中からきっと参考になるものが見つかりそう。 各哲学者の哲学の概要が時代毎に分かりやすくまとまっており、哲学の変遷を追いながら自分の物の見方や考えを再考できるのもよい。

2日前

33c7d657 c16f 47ce b380 0f3947cdf7372574c786 2206 4575 a904 bcc051f1aa01Icon user placeholder 65
子どもの難問

子どもの難問

2b1007a8 5549 4aea a9a1 fe745f0a855b

_lilysan__

時々、読書。

世界はなぜ?どうして?で溢れています。そんなことを考えてる暇はない!と済ませてしまうには、あまりにも勿体無さすぎる。人が10人集まれば10通りの心があること、忘れがちですよね。大人の凝り固まった頭をほぐし、正解のない答えを求めて考えるきっかけになる本でした。

3日前

22c9f424 435a 479b 99e8 8f66ce6199535cd558ef 0244 4de3 a51a 6bca5de4fd16Bf3dec70 ca43 4c6b 9ea5 06be2abfeeb8 22