51cjz6tpfdl

コメント

少しの迷いも感じない早乙女の人生に戦慄をおぼえる。神職につく者は絶対なのか。心が壊れていることに気付かせてもらえなかった環境が哀れだ。

その他のコメント

「人生は神に到るための連鎖だ」古風な村の教会で繰り返される血の惨劇。その中心で無痛症の牧師は物言わぬ神に問う。

読者

9e6d8f5b 9958 4d67 a4fe bd9d5b759453F4949b7b 60e6 4f29 9c83 00aefa5261db

貫井徳郎の本

女が死んでいる

女が死んでいる

454e4e42 58da 45f3 b6c9 30eff85efb90

march

読んだ本の記録。

必ずあなたも騙される!どんでん返し8連発!という帯に惹かれて購入。 本当にどんでん返されすぎて3編目くらいから慎重に、ものすごーく疑って読むのだが、やっぱりどんでん返される。最後まで落ち着きませんでした。

12か月前

Icon user placeholderIcon user placeholder2cb5b581 20be 4158 85d4 1f1a29ad5c58 28
警官の貌

警官の貌

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

時々、ハズレなし短編を読んでみる。知ってる話もあるけれど、また読む。短編は肉弾戦のようで楽しい。

約1年前

我が心の底の光

我が心の底の光

Bb13ac41 2d1e 49e0 a1d1 88fd96068d7c

しずか

本、読む人の横顔も好きです

感情移入がしにくい主人公にもやもやしつつ、物語はどんどん暗くなっていく。幼少期に負った傷と重なる罪。重たい...本来なら可哀想だと思えるのにそう思えない自分が不甲斐ないと思っていた。ら...! 読み終わったら必ずこの作品を検索して欲しい。感情移入出来なかった理由が分かる。すごい。貫井さん。

1年前

A9a9a664 07dd 4a06 bbf1 736f98906dab147b636e f7bc 4dcd b95b 758ad1e4092e7c1c84bd 9249 4700 b114 46131ca608cb 8