Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
513pwt56wgl

昔、ママは、骨ごと溶けるような恋をし、その結果あたしが生まれた。"私の宝物は三つ。ピアノ。あのひと。そしてあなたよ草子"。必ず戻るといって消えたパパを待っ... 続き

コメント

あまり自分と本を共有しながら読むことはないんだけどこれまでの人生と重なってみてしまうところがあり驚いている、 静かにきれいに狂ってる親子だなとおもった

その他のコメント

すごく好きな小説。こんなに純粋に誰かを想えるって素敵。でも痛々しくもある。
ラストが好きです。

「私は現実を生きたいの」という一言にハッとさせられた

読者

B23ccc5f e7f6 46e0 bce1 20390055438c804922de ee2f 43a7 bc7f b84739cc6c20C21e0cf0 962c 4e63 86ee 303caba24991Icon user placeholder16f7c012 6d0d 49c1 9a43 571fdf6ec7c3454e4e42 58da 45f3 b6c9 30eff85efb909f7a896d 3e0d 45f4 b79b 49d552e27487E6e46408 7d9f 4c98 a3bd 456d3e743221 62人

江國香織の本

犬とハモニカ

犬とハモニカ

Abeb4ab9 db16 413c b42e 9a0d46ebfb1b

chiroecchi

図書室に居ります。

久々に江國作品読んだ。やっぱり好きだなぁ。短編だけどどれも良い。 なつのひかりのときも思ったけど、江國さんの描く季節、特に夏はみずみずしくて冬でもあの感覚を思い起こさせてくれる。そういう意味ではおそ夏のゆうぐれは最高でした。

10か月前

2b76cc50 6a3e 4320 a72d 2218f6d4d53f18d2694b a8cc 4091 a62d 30453f59d20b0d306957 5b49 4253 b7b2 0007a4a8d687